エイブラハム・シャープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
エイブラハム・シャープ

エイブラハム・シャープ (Abraham Sharp、1653年 - 1742年7月18日)はイングランドの数学者、天文学者。

生涯[編集]

エイブラハム・シャープは1653年にイングランドブラッドフォードで裕福な商人である父ジョン・シャープと母マリー・シャープの間に生まれ、その後ブラッドフォードグラマースクールで教育を受けた[1]

エイブラハム・シャープの木製望遠鏡

1669年にはエイブラハム・シャープは商人の見習いとなり、その後リバプールで教員となり、その後はロンドンで帳簿係を務めた。数学天文学の幅広い知識がフラムスティードの目に止まり、1688年にはグリニッジ天文台に招待された。そこでシャープは天文機器の改良を行うとともに、計算者としての優れたスキルを示した。後には幾何学に関する書物 Geometry Improved対数表を出版している。

シャープはグレゴリー級数に を代入し、円周率を小数点以下71桁まで計算した。これはジョン・マチンが100桁を計算する1706年まで世界記録であった[2]

1694年に故郷であるリトル・ホールトンに戻った。1729年には当時最大の星図である天球図譜[3]が出版され、その中にシャープがデザインした2つの星座早見盤が掲載されている[4]

1742年にリトル・ホールトンで死去した。生涯未婚であった。ロンドンで精密機械を作っていたジェシー・ラムスデンの大叔父である[5]

ブラッドフォードの大聖堂にある記念碑には「彼は当時の最も熟練した数学者として数えられ、ジョン・フラムスティードニュートンなどの有名な人たちと絶え間ない友情を楽しんだ。彼はフラムスティードが作成した天の記述(星図)の精度を向上させた。他にも彼は匿名で様々な著作を残し、実験器具の記述や天文学的な文献を彼自身で完成させ……」とラテン語で書かれている。

クレーターのシャープは彼にちなんで名付けられた。

参考文献[編集]

  1. ^ Abraham Sharp”. 2017年9月5日閲覧。
  2. ^ Beckmann, Petr (1971). A History of Pi. New York: St. Martin's Press. p. 102. ISBN 0-312-38185-9. 
  3. ^ Flamsteed, John. Atlas coelestis. London, 1729.”. 2011年5月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月5日閲覧。
  4. ^ Davide Neri. “John Flamsteed, Atlas coelestis”. 2017年9月5日閲覧。
  5. ^ Melmore, S. (1938年). “Abraham Sharp's Universal Instrument”. The Observatory 61: 248–250. Bibcode 1938Obs....61..248M. 

さらに読む[編集]

外部リンク[編集]