ウルフ・フィントアイゼン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル

ウルフ・フィントアイゼン
東ドイツの旗 東ドイツ
男子 スキージャンプ
ノルディックスキー世界選手権
1984 Engelberg 90m級団体

ウルフ・フィントアイゼン(Ulf Findeisen、1962年3月2日 - )は東ドイツカール=マルクス=シュタット県(現在のザクセン州の一部)Zschopau出身の元スキージャンプ選手。1980年代に東ドイツ代表として活躍した。

プロフィール[編集]

フィントアイゼンはWünschendorfで父をコーチにスキージャンプを始め、13歳の時オーベルヴィーゼンタルのスポーツクラブSC Traktor Oberwiesenthalへ移りイェンス・バイスフロクらとともにトレーニングを積んだ。

1982年12月30日のオーベルストドルフでスキージャンプ・ワールドカップにデビュー。ジャンプ週間では4戦いずれも30位以下と振るわなかったが1月9日のハラコフで初の一桁順位(5位)となると以降7位、4位と上位の成績を残した。また東ドイツ選手権の90m級で優勝した[1]

翌1983-1984シーズンも東ドイツ選手権の90m級で優勝、1984年ノルディックスキー世界選手権では団体戦銀メダル獲得に貢献した。

1986年1月19日、地元オーベルヴィーゼンタルでワールドカップ初優勝、総合17位となった。翌1986-1987シーズンはベストシーズンとなりジャンプ週間では第2戦ガルミッシュ=パルテンキルヒェンで3位となり総合でも自己最高の3位、続いてチェコスロバキアの ストルブスケ・プレソでワールドカップ通算2勝目をあげた。さらに1987年ノルディックスキー世界選手権にも出場、ここでは70m級25位、90m級27位とあまり目立たなかったが、ワールドカップのシーズン総合では自己最高の12位となった。

1990年に現役を引退した後は故郷ZschopauのスキークラブSV ZSCHOPAUでジュニアの指導に当たり、現在は同クラブの会長も務めている[2]

脚注[編集]

外部リンク[編集]