ウラジーミル・イェフトゥシェンコフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Vladimirevtushenkov2011.jpg

ウラジーミル・イェフトゥシェンコフ: Владимир Петрович Евтушенков: Vladimir Yevtushenkov1948年9月25日 - )は、ロシア実業家で、寡頭資本家としてオリガルヒの一人に数えられる。

ソビエト連邦時代はソ連共産党に所属していた[1]。ロシアの巨大な持株会社であるシステマ会長を務めるとともに、同社の株式の大部分を保有する(2006年度3月の時点で62%を保有)。

ロマン・アブラモヴィッチウラジーミル・リシンオレグ・デリパスカウラジーミル・ポターニンなどと並んでロシア随一の富豪に数えられ、フォーブスの発表による世界長者番付のもとでは、2006年度版で世界第61番目の長者に、2007年度版で世界第49番目の長者に比定されている。

些事[編集]

1973年に化学の、1980年に経済学の修士号を取得。1986年には経済学のPh.D.を取得している。

妻と2人の子供がいる。

脚注[編集]

  1. ^ Ашот Евтушенков, Владимир — статья в Лентапедии. 2012 год.

外部リンク[編集]

フォーブスによる顔写真付の紹介記事(英語)。