ヴラジミール・メチアル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヴラジミール・メチアル
Vladimír Mečiar
Vladimir meciar.jpg
ヴラジミール・メチアル
生年月日 (1942-07-26) 1942年7月26日(75歳)
出生地 スロバキア共和国の旗 スロバキア共和国ズヴォレン市
出身校 コメニウス大学
所属政党 チェコスロバキア共産党(KSČ, 1962-1970)
暴力に反対する公衆(VPN, 1989-1991)
民主スロバキア運動(HZDS, 1991-2003)
人民党・民主スロバキア運動(ĽS-HZDS, 2003-)
配偶者 マルギタ・メチアロヴァー

在任期間 1993年1月1日 - 1999年3月2日
在任期間 1998年3月2日 - 1998年10月30日

スロバキアの旗 初代首相
在任期間 1993年1月1日 - 1994年3月16日

スロバキアの旗 第3代首相
在任期間 1994年12月13日 - 1998年10月30日

スロバキアの旗 連邦時代第6代首相
在任期間 1990年6月27日 - 1991年5月6日
テンプレートを表示

ヴラジミール・メチアル(Vladimír Mečiar、1942年7月26日 - )は、スロバキア政治家で、人民党・民主スロバキア運動(ĽS-HZDS、旧・民主スロバキア運動)党首。1992年チェコスロバキア連邦共和国を連邦解体(ビロード離婚)に導いた一人。

チェコとの連邦解消後、大統領(代行を2回)および首相(初・3代)を務める。権威主義的な政治手法が西側諸国から批判された。

経歴[編集]

社会主義時代[編集]

仕立屋の長男としてズヴォレン市で生まれる。1962年チェコスロバキア共産党に入党し、中部スロバキア県(現・バンスカー・ビストリツァ県ジアル・ナト・フロノム市の市委員長を歴任するが、プラハの春を支持して1969年に国会で改革に賛同する演説を行ったため、1970年に党から除名された。その後ガラス工場の労働者を続けながらコメニウス大学法学部を卒業した。

民主化時[編集]

1989年ビロード革命において、非共産主義政治組織「暴力に反対する公衆」(VPN、Verejnosť proti násiliu)に参加し、翌1990年、スロバキア政府の内務環境相に就任した。同年6月の民主化後初の総選挙でスロバキア政府首相に就任したが、スロバキア国民議会で連立政権を組んでいた民主キリスト教連合との方針の違いから1991年4月に辞任しVPNは分裂。新たに誕生した民主スロバキア運動(HZDS)の党首となった。

1992年6月の連邦議会選挙でスロバキアでは民主スロバキア運動が第1党となり、ヴァーツラフ・クラウス率いるチェコ第1党の市民民主党と政策方針を巡って対立した。このため両党首が会談を行って連邦解消が決まった。

連邦解体後[編集]

メチアルは1993年1月1日に誕生したスロバキア共和国の初代首相に就任したが、強引な政権運営に対して内部から反発が起き、1993年3月には議員8人が民主スロバキア運動を脱退。メチアルは1994年3月に首相を辞任し、代わってヨゼフ・モラウチークによる大連立内閣が成立したが、同年10月の総選挙では民主スロバキア運動が勝利して再びメチアルが首相に返り咲いた。

政治手法は非民主的で権威主義的なものだったため、欧米諸国から絶えず強い批判を受けた。また市場経済の仕組みを無視した経済政策にも失敗し、実質的な経済低迷が続いて高い失業率が続いたため、次第に国民の支持を失った。このため1998年9月総選挙では敗北し、反メチアル政党「スロバキア民主連合」(SDK)の党首であるミクラーシュ・ズリンダ首相の大連立政権が発足した。メチアルは引き続き民主スロバキア運動(のち「人民党・民主スロバキア運動」に改称)の党首を務め、2004年の大統領選にも立候補したが敗北した。

2006年6月に行われた総選挙人民党・民主スロバキア運動は、得票率が史上最低の8.79%にとどまり改選前に比べ議席を半数近い15議席にまで減らしたが、民族主義政党のスロバキア国民党(SNS)とともに、第1党となった中道左派方向・社会民主主義(SMER-SD)と連立政権を樹立。スメル党首のロベルト・フィツォ内閣に閣僚2人を送り込んだ。

その後メチアルは2009年の大統領選立候補を見送ったが、人民党・民主スロバキア運動は2010年国民議会選挙で得票率が前回をさらに下回る4.32%にとどまり、議席阻止条項の5%を超えられなかったため、ついに全議席を失った。国内では民主化以降20年間に及ぶ党首メチアルの経歴に一定の区切りがついたものと受け止められる一方[1]、メチアルは選挙直後に出した声明で民主スロバキア運動の解散を否定し、議席の奪還に意欲を示した[2]。しかし、民主スロバキア運動は2012年国民議会選挙でも議席を回復することができず、党勢は低迷。2013年12月、メチアルは同党を離党し、翌2014年1月11日、解散した[3]

脚注[編集]


公職
先代:
ミハル・コヴァーチ (en)
スロバキアの旗 スロバキア共和国大統領
イヴァン・ガシュパロヴィッチと共同
(代行)1998
次代:
ミクラーシュ・ズリンダ
ヨゼフ・ミガシュ (en)
(代行)
先代:
(創設)
スロバキアの旗 スロバキア共和国大統領
(代行)1993
次代:
ミハル・コヴァーチ (en)
先代:
ヨゼフ・モラウチーク (en)
スロバキアの旗 スロバキア共和国首相
第3代:1994 - 1998
次代:
ミクラーシュ・ズリンダ
先代:
(創設)
スロバキアの旗 スロバキア共和国首相
初代:1993 - 1994
次代:
ヨゼフ・モラウチーク (en)
先代:
ミラン・チチュ (sk)
スロバキアの旗 スロバキア共和国首相
連邦時代第6代:1990 - 1991
次代:
ヤーン・チャルノグルスキー (en)