ヴァルデミール・ペレイラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はドス・サントス第二姓(父方の)はペレイラです。
ヴァルデミール・ペレイラ
基本情報
本名 ヴァルデミール・ドス・サントス・ペレイラ
通称 Sertão
階級 フェザー級
身長 165cm
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
誕生日 (1974-11-15) 1974年11月15日(43歳)
出身地 バイーア州サルヴァドール
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 25
勝ち 24
KO勝ち 15
敗け 1
引き分け 0
無効試合 0
テンプレートを表示

ヴァルデミール・ペレイラValdemir dos Santos Pereira1974年11月15日 - )は、ブラジルプロボクサー。元IBF世界フェザー級王者。

プロ時代[編集]

2001年3月6日、プロデビュー。デビュー戦を勝利した。

順調に勝ち進み、2002年2月26日、アルミア・フェルナンデス・デ・オリヴェリアが持つサンパウロフェザー級王者に挑戦。王座獲得に成功した。

2002年8月3日、アメリカ合衆国アリゾナ州にてアメリカデビュー戦。ロベルト・エンリケスと対戦し、4回1分29秒TKO勝ちを収めた。

2004年8月13日、カリフォルニア州ペチャンガ・リゾート&カジノにて、エマニュエル・ルセロと対戦。結果2-1(97-92、95-94、94-95)の僅差判定勝ちを収めた。

2004年12月11日、パストロ・ウンベルト・マーティンとWBAフェデラテンフェザー級王座決定戦を行い、王座獲得に成功しこの試合でWBAでランカー入り。

2005年1月28日、ワシントンD.C.にて、ホワイビー・ガルシアとWBAフェデラテン王座の初防衛戦を行った。結果3-0の判定勝ち。

2006年1月20日、世界初挑戦。ファン・マヌエル・マルケスの王座剥奪に伴い空位になったIBF世界フェザー級王座を賭け、コネチカット州フォックスウッズ・リゾート・カジノにて、IBFパンパシフィックフェザー級王座を9度防衛したファークラポーブ・ラキアットジムと対戦した。結果3-0(3者とも118-108)と10点差の大差完封で王座獲得に成功した。この試合の後、ラキアットジムは引退を表明した。

2006年5月13日、ボストンTDガーデンにて、エリック・エイケンと初防衛戦を行った。結果8回1分37秒失格負けを喫し王座を失った。試合後現役を引退した。

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
ファン・マヌエル・マルケス
IBF世界フェザー級王者

2006年1月20日 - 2006年5月13日

次王者
エリック・エイケン