ウマワカ峡谷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウマワカ渓谷

ウマワカ峡谷 (Quebrada de Humahuaca)は、アルゼンチンブエノスアイレスの北1,649 km、アルゼンチン北西部のフフイ州に位置する狭い峡谷である。西と北でアルティプラーノ、東のサブアンデスの丘、南の暖かい渓谷(Valles Templados)に隣接しており、南北方向に約155kmに渡って広がっている。

"Quebrada"という名前(「壊れた」の意味)は、深い谷や渓谷として解釈される。それは11,000人の住人を持つ小都市ウマウアカの名前にちなんでいる。冬には乾燥しているグランデ川(リオグランデ)であるが、夏の水量は豊富である。

この地域は、常に経済的、社会的、文化的コミュニケーションの交差地点であった。先史時代の遺骨によって証明された最初の狩猟採集民の居留地以来、少なくとも10,000年以上に渡り人が居住している。それは15世紀のインカ帝国の隊商が通った道路であり、その後、スペイン独立戦争の数多くの戦いの舞台となり、リオ・デ・ラ・プラタ副王領ペルー副王領との重要な連絡路であった。

2003年7月2日にユネスコの世界遺産に登録された。

脚注[編集]

[ヘルプ]