ウシャヒディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Ushahidi, Inc.
設立 2008
所在地 ケニア共和国ナイロビ
起源 クラウドソーシング
活動地域 世界
収入 $300,000
基本財産 $1,800,000[1]
ボランティア人数 50
従業員数 29
所有者 Ushahidi, Inc.
ウェブサイト ushahidi.com
テンプレートを表示

ウシャヒディ(Ushahidi、「目撃者」「証言」の意)は非営利ソフトウェア開発組織である。情報収集、可視化オープンソース(GNU Lesser General Public License)地図アプリケーションの開発を行っている。ケニア危機 (2007年-2008年)において大統領選挙後の暴力行為を報道規制を避けて周知させるため、ある弁護士ブログに多くの情報が集まりはじめたが管理が困難になったので、2人のプログラマが72時間で情報をメールやテキストメッセージでグーグルマップ上に表示するウェブサイトを作り上げたのが始まりである[2]

社会運動及び公的説明責任の手段としてクラウドソーシング手法を採用しており、地理情報と市民ジャーナリズムに貢献する「地図作成活動(英:activist mapping)」という造語を提示した。

活動[編集]

Ushahidi[編集]

CodeIgniterフレームワークのフォークであるKohanaプラットフォーム上に構築されており、基本インターフェースOpenStreetMapを使用しているが、ジオコーディングにはGoogleマップAPIの商用サービスを使用している。

その他[編集]

メキシコの選挙違反やワシントン除雪情報などのまとめについても利用された [3]

ハイチ地震クライストチャーチ地震においても、被災者や情報提供者間の連絡手段としてウェブサイトを提供した。

2011年3月11日に発生した東日本大震災の後は、震災インフォ[4]というホームページ上で、被災者や震災復興の情報を公開しており、日本のみならず世界中からのボランティアがページ作り、オープンソースを使った地図作り、情報の収集やフィルタリングをしてサイトを運営している。

脚注[編集]

  1. ^ Top50 Private Web Companies”. 2012年6月19日閲覧。
  2. ^ Megha Baree (2008年11月20日). “Citizen Voices”. Forbes Magazine. http://www.forbes.com/global/2008/1208/114.html 2010年1月15日閲覧。 
  3. ^ “驚異 衆知の力”. 日本経済新聞: p. 1. (2012年9月25日) 
  4. ^ http://www.sinsai.info/ushahidi/

外部リンク[編集]