ウォルトゥムナ (エトルリア神話)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ウォルトゥムナVoltumnaもしくはVeltha[1]エトルリア神話における冥府の神。ウァロによると、後にエトルリア神話体系における最高神(deus Etruriae princeps)となったとされる。[2]エトルリア文明が栄えた時代に中央イタリアのヴォルシニ(現在のオルヴィエート)周辺で信仰された。ローマ神話ウェルトゥムヌスに相当する。

リウィウスによると、体育的か芸術的かは定かではないが、エトルリアの12都市のつながりを強化するための会合(ルディ)がヴォルシニイ(現在のボルセーナ)の近くに存在したとされるウォルトゥナの聖地であるファヌム・ウォルトゥムネにて毎年実施されたとされる。[3]

また、フォロ・ロマーノカストルとポルックス神殿近く、ヴィカス・タスカスにウォルトゥムナの神殿があったとされる。[4]

脚注[編集]

  1. ^ Pallottino, "The Religion of the Etruscans" Archived 2007-05-02 at the Wayback Machine.
  2. ^ Varro, De lingua Latina V.46.
  3. ^ Livy, iv 23, 25 and 61; v 17, vi 2.
  4. ^ A. Alföldi, "Die Etrusker in Latium und Rom", Gymnasium 70 (1963), p 204.

参考文献[編集]

  • Briquel, Dominique 2003 "Le Fanum Voltumnae: remarques sur le culte fédéral des cités étrusques", in Dieux, fêtes, sacré dans la Grèce et la Rome antiques, edited by André Motte and Charles Ternes: 133-59. (Brepols, Turnhout). The last ten pages of this paper contain a highly technical discussion of the identity of the Etruscan god Voltumna in relation to the Latin gods Vertumnus and Janus.
  • Fontana Elboj, Gonzalo, 1992. Ager: estudio etimológico y functional sobre Marte y Voltumna (University of Zaragoza) (Spanish) 84-600-8279-2
  • Hederich, Benjamin. (1770) 1996. Gründliches Mythologisches Lexikon (Darmstadt) 3-534-13053-7
  • Pliny 8, 20.
  • Vollmer,Mythologie aller Völker, (Stuttgart) 1874.
  • L. Niebuhr, Römische Geschichte 2, 216.
  • Wissowa, Religion und Cultus des Römer, 243, 3.
  • Müller-Deecke, Die Etrusker, 1, 329 skk.
  • Theodor Mommsen, Römisches Staatsrecht, 3, 666
  • Pallottino, Massimo. "The Religion of the Etruscans"