ウェールズの山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウェールズの山
The Englishman Who Went up a Hill but Came down a Mountain
監督 クリストファー・マンガー
脚本 クリストファー・マンガー
製作 サラ・カーティス
製作総指揮 サリー・ヒビン
ロバート・ジョーンズ
ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
出演者 ヒュー・グラント
タラ・フィッツジェラルド
コルム・ミーニイ
イアン・マクニース
イアン・ハート
ケネス・グリフィス
音楽 スティーヴン・エンデルマン
撮影 ヴァーノン・レイトン
編集 デヴィッド・マーティン
製作会社 ミラマックス=パララックス・ピクチャーズ
配給 イギリスの旗 ミラマックス
日本の旗 ブエナビスタ・インターナショナル・ジャパン
公開 イギリスの旗 1995年8月4日
日本の旗 1996年5月11日
上映時間 99分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $10,904,930[1]
テンプレートを表示

ウェールズの山』(原題:The Englishman Who Went up a Hill but Came down a Mountain)は、1995年制作のイギリスの映画

ウェールズの小さな村を舞台に、ある丘の測量をめぐる騒動をハートウォーミングなタッチで描く。原題はウェールズ南部に伝わる伝説「丘を上り、山から下りてきたイングランド人」から。第19回モスクワ国際映画祭エキュメニカル審査員賞受賞[2]第48回カンヌ国際映画祭ある視点部門出品[3]

あらすじ[編集]

1917年、ウェールズのとある小さな村にジョージ・ガラードとレジナルド・アンソンという2人のイングランド人がやってきた。彼らは軍から派遣された測量技師で、村人達が昔から誇りにしているフュノン・ガルウという“山”の高さを測量しに来たのだ。

村ではたちまち期待が高まるが、2人が測量した結果、フュノン・ガルウの高さは299メートルで、“山”と認められる高さ305メートルの基準を満たさず、“丘”に過ぎないことが分かり、村人達は落胆する。

だが村人達は、フュノン・ガルウの頂上に土を積み上げて高さ305メートルの基準を満たし、“山”と認めてもらおうと考え、村人全員が参加して土運びが始まる。その一方で、村人達は2人を町に引き留めるべく、彼らの車をわざとエンコさせたり、鉄道を操作して利用を妨げたり、果ては村の娘ベティに色仕掛けをさせたりと、様々な方法を使う。

2人はそんな村人達にお手上げとなるが、やがてアンソンは心動かされ、村人達の願いの実現に協力しようとする。さらに、この村に対する愛着とベティに対する恋愛感情も芽生え始める。

大雨による盛り土の流出など、幾多の困難を乗り越え、村人達とアンソンは作業を完成させるが、日は没し、測量は不可能となってしまう。アンソンはベティと共に頂上に残って一夜を明かし、翌朝、測量をやり直すことに。

そして翌朝、測量してみると、フュノン・ガルウの標高は306メートルとなっていた。村人達の努力が実り、フュノン・ガルウはついに“山”となったのだ。

下山したアンソンはこの事を村人達に報告すると共に、ベティとの婚約も発表するのだった。

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ The Englishman who Went up a Hill but Came down a Mountain at Box Office Mojo
  2. ^ 19th Moscow International Film Festival (1995)”. MIFF. 2013年3月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月16日閲覧。
  3. ^ Festival de Cannes: The Englishman Who Went Up a Hill But Came Down a Mountain”. festival-cannes.com. 2009年9月7日閲覧。

外部リンク[編集]