ウェーククイナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウェーククイナ
Gallirallus wakensis.jpg
1936年頃に撮影されたウェーククイナ
保全状況評価
EXTINCT
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 EX.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: ツル目 Gruiformes
: クイナ科 Rallidae
: ニュージーランドクイナ属
Gallirallus
: ウェーククイナ
G. wakensis
学名
Gallirallus wakensis
和名
ウェーククイナ
英名
Wake Island Rail

ウェーククイナ(学名:Gallirallus wakensis)は、ツル目クイナ科に分類される鳥類の一種。絶滅種。中部太平洋の孤島であるウェーク島に生息していた。体色は茶色でからにかけて白と茶色のまだら。飛べない。ウェーク島に生息する唯一の鳥であった。

絶滅の経緯[編集]

1940年頃までは普通に見られたという。1941年12月第二次世界大戦でウェーク島は日本海軍陸戦隊に占領された。ウェーク島は絶海の孤島であるため、米軍はとくに奪回作戦を行わず封鎖のみにとどめた。このためウェーク島の日本軍守備隊は食糧が欠乏し、飢えをしのぐために飛べないウェーククイナに目をつけた。なぜか赤い布を振ると寄ってきたともいう。そして終戦後の調査ではウェーククイナは1羽もいなくなっていた。

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

  • レイサンクイナ - ウエーククイナ同様、第二次大戦中の軍事行動が原因で絶滅した。