ウェスティン・グランデ・スクンビット・ホテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ウェスティン グランデ スクンビット ホテル (The Westin Grande Sukhumvit Hotel) は、タイ首都であるバンコクワッタナー区にある最高級ホテル。旧名称はグランド・パシフィック・ホテルで、2002年1月に現名称に変更した。

特徴[編集]

スクンビット通りに面し、バンコク・スカイトレインアソーク駅が目の前という好ロケーション。

客船をイメージした外観で、1階から6階までがデパート、7階以上がホテルとなっている。

客室は、一番下のグレードであるデラックスで約42平方メートルあり、全室ともシャワーとバスタブが独立している。ベッドは全室が、ウェスティンならではの「ヘブンリーベッド」を採用している。

1993年開業、361室。

設備[編集]

  • プール バー(Pool Bar) 軽食
  • ゼスト ピアノバー(Zest Piano Bar) カクテル
  • ザ メッド(The Med) 地中海料理
  • ホライズンズ スカイラウンジ&カラオケ(Horizons Sky Lounge and Karaoke) カクテル
  • 吉左右(Kisso Japanese Restaurant) 日本料理
  • ヴァリーナスパ(Vareena Spa) スパ
  • プール 屋外に1か所

など

関連項目[編集]

外部リンク[編集]