ウィリアム・マリル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ウィリアム・マリル

ウィリアム・マリル(William Alphonso Murrill、1869年10月13日 - 1957年12月25日)はアメリカ合衆国の植物学者、菌類学者である。ニューヨーク植物園で働き、菌類の分類学に貢献した。

略歴[編集]

バージニア州リンチバーグに生まれた。バージニア農業機械大学で学んだ後、ランドルフ=メイコン大学で学び、コーネル大学で博士号を得た。その後4年間をニューヨークのデウィット・クリントン高校で生物学を教えた。

トーリー植物クラブで、ニューヨーク植物園の園長、ナサニエル・ロード・ブリトンと知り合い、1904年にニューヨーク植物園の学芸員助手となり、その後、フランクリン・サムナー・アール(Franklin Sumner Earle)の後を継いで、菌類学のスタッフとなり、1909年から1919年の間、園長補を務めた。1924年に子供の死とその後の離婚問題などから失踪事件を起こし、植物園をやめ、1930年代からフロリダ大学で働き、菌類学の研究を再開した。

南北アメリカ、カリブ海地域で、70,000を超える菌類標本を集め、約14,000の標本はニューヨーク植物園に保存されている。ヨーロッパの標本館の菌類も研究し、いくつかの新種菌類の同定と記載を行った。

HymenomycetesBoletaceaePolyporaceaeなどの菌類の科のモノグラフ(総説論文)を執筆し、100編を超える論文を執筆した。1904年に学術誌、"Mycologia"の創刊に参加し、1909年から1924年の間、編集に携わった。

参考文献[編集]

Murrillは、植物の学名命名者を示す場合にウィリアム・マリルを示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)