ウィリアム・サヴィル=ケント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
William Saville-Kent

ウィリアム・サヴィル=ケント(William Saville-Kent、1845年7月10日 - 1908年10月11日)は、イギリスの海洋生物学者である[1]人工真珠Imitation pearl)の製法を開発した。

略歴[編集]

デヴォン州のサイドワース(en)に生まれた。幼少期に母親が死に、4歳の異母弟のフランシスが殺害され、後に姉のコンスタンス・ケントが起訴され、死刑判決を受けた後、終身刑に減刑されコンスタンスは20年間、服役した。ウィリアムも共犯の嫌疑を受けたが、起訴されることはなかった。

サヴィル=ケントは、キングス・カレッジで学んだ後、王立鉱山学校でトマス・ヘンリー・ハクスリーのもとで学んだ。大英博物館で1866年から1872年の間、働いた。1869年にロンドン動物協会の会員になり、1873年にロンドン・リンネ協会の会員となった。1870年に王立協会の資金を得てポルトガルの海底生物の調査を行った。1872年から1873年の間はブライトン水族館、1873年から1876年の間はマンチェスター水族館で働き、多くの水族館で働いた後、1879年にブライトンに戻った。

ハクスリーの推薦で1884年にオーストラリアのタスマニア島の水産局の監督官になり、1889年にクイーンズランド州の水産局長、1892年に西オーストラリア州の水産局長を歴任し1895年までその職を続けた。この間、真珠の養殖の実験に成功し、真球の真珠の製法を開発した。この技術をもとに、日本の西川藤吉らによって真珠養殖は実用化されることになった。

Kentは、植物の学名命名者を示す場合にウィリアム・サヴィル=ケントを示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)

著作[編集]

  • A Manual of the Infusoria, 1880, 1881, 1882 (3 Vol.)
  • The Great Barrier Reef, 1893
  • The Naturalist in Australia, 1897

参考文献[編集]

  1. ^ “Obituary: W. Saville-Kent”. Nature 78 (2034): 641–642. (1908年10月22日). http://books.google.com/books?id=Cik6AQAAMAAJ&pg=PA641.