イーゴリ・シチョーゴレフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
イーゴリ・シチョーゴレフ
Игорь Олегович Щёголев
IgorSchegolev.jpg
イーゴリ・シチョーゴレフ
生年月日 (1965-11-10) 1965年11月10日(52歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 ウクライナ共和国ヴィーンニツァ州ヴィーンニツァ
出身校 ライプツィヒ大学ジャーナリスト学部、モスクワ外国語大学英語版
前職 ジャーナリスト、タス通信(現在のイタル・タス通信)パリ特派員、イタル・タス通信社ニュース・サービス副部長

ロシアの旗 中央連邦管区大統領全権代表
在任期間 2018年6月26日 -

内閣 第2次ウラジーミル・プーチン内閣
在任期間 2008年5月12日 - 2012年5月21日
テンプレートを表示

イーゴリ・オレゴヴィチ・シチョーゴレフシショーゴレフロシア語: Игорь Олегович Щёголев、ラテン文字表記の例:Igor Olegovich Shchegolev1965年11月10日 - )は、ロシアジャーナリスト政治家。現在、中央連邦管区大統領全権代表。これまでに情報技術・通信大臣、IT担当の大統領補佐官を歴任した。

経歴[編集]

ドイツ民主共和国(東ドイツ)ライプツィヒ大学ジャーナリスト学部、モスクワ外国語大学英語版に学ぶ。欧州問題の専門家であり、英独仏語に堪能。1988年タス通信(現在のイタル・タス通信)に入る。パリ特派員、イタル・タス通信社ニュース・サービス副部長を歴任した。

1998年ロシア連邦政府機関勤務。情報部副部長となる。同年9月エフゲニー・プリマコフ首相の下で政府報道官などを経て、1999年セルゲイ・ステパーシン首相の顧問に就任し、2000年1月にはロシア大統領府報道部長。2001年12月大統領儀典長。2004年3月には大統領府の組織再編があったが、儀典長の職に留まった。

2008年5月12日情報技術・通信相に任命される。2012年5月21日ドミートリー・メドヴェージェフ内閣発足に伴い情報技術通信相を退任し、翌5月22日、大統領補佐官(IT担当)に任命された[1]

2018年6月26日、副首相に就任したアレクセイ・ゴルデーエフの後任として中央連邦管区大統領全権代表に就任。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
アレクセイ・ゴルデーエフ
ロシアの旗 中央連邦管区大統領全権代表
2018年6月 -
次代:
(現職)
先代:
レオニード・レイマン
ロシアの旗 ロシア連邦情報技術・通信大臣
第2代:2008年5月 - 2012年5月
次代:
ニコライ・ニキフォロフ