アレクセイ・ゴルデーエフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アレクセイ・ゴルデーエフ
Алексей Васильевич Гордеев
Aleksei Vassilievich Gordeev
Alexey Gordeyev-1.jpg
生年月日 (1955-02-28) 1955年2月28日(63歳)
出生地 東ドイツの旗 東ドイツ フランクフルト・アン・デア・オーデル
出身校 モスクワ交通大学通信技師課程、ソ連閣僚会議付属国民経済アカデミー
前職 ヴォロネジ州知事
現職 中央連邦管区大統領全権代表
所属政党 統一ロシア
称号 経済学博士候補

ロシアの旗 中央連邦管区大統領全権代表
在任期間 2017年12月25日 -

内閣 第1次ウラジーミル・プーチン内閣から
第2次ウラジーミル・プーチン内閣まで
在任期間 1999年8月19日 - 2009年3月12日

Flag of Voronezh Oblast.svg 第4代 ヴォロネジ州知事
在任期間 2009年3月12日 - 2017年12月25日
テンプレートを表示

アレクセイ・ヴァーシリエヴィチ・ゴルデーエフロシア語: Алексей Васильевич Гордеев、ラテン文字表記の例:Aleksei Vassilievich Gordeev1955年2月28日 - )は、ロシア政治家。現在、中央連邦管区大統領全権代表。農業大臣、ヴォロネジ州知事を歴任した。

経歴[編集]

1955年2月28日ドイツ民主共和国(東ドイツ)のフランクフルト・アン・デア・オーデルに生まれる。その後、オホーツク海沿岸の都市マガダンで育つ。1978年モスクワ交通大学通信技師過程を卒業する。大学卒業後、2年間兵役に就く。1980年СУ-4 Главмосстроя上級職場長として勤務する。1981年から1986年まで、主任専門官、部長、ロシア共和国Главснаба Минплодоовощхоза総局次長を歴任する。1986年ロシア共和国国家農工委員会(Gosagroproma、ゴスアグロプロマ)生産・包装流通次長に任命される。同年農業コンビナート「モスクワ」副総支配人に就任する。1992年ソ連閣僚会議付属国民経済アカデミーを修了、専門マネジャー資格を取得する。アカデミー修了後は、モスクワ州リュヴェレツィ地区行政府副代表(副区長)。

1997年ロシア連邦政府農業省に入り、審査委員会メンバー、経済部長。1998年5月ロシア農業食糧省第一次官。1999年初頭、ロシア農業党副議長に選出される。1999年8月19日ウラジーミル・プーチン首相の下で農業食糧相に就任する。ボリス・エリツィンの大統領辞任に伴い、2000年1月1日から5月7日までは農相代行。2000年5月19日農相と副首相を兼務。2004年3月から農業・漁業相となり、第2次ウラジーミル・プーチン内閣でも留任した。

2009年2月26日ウラジーミル・クラコフヴォロネジ州知事任期満了に伴い、ヴォロネジ州知事就任。2017年12月25日に知事を退任し、中央連邦管区大統領全権代表に就任。

経済学博士候補。これまでに3個のメダルを受賞。

外部リンク[編集]

先代:
アレクサンドル・ベグロフ
中央連邦管区大統領全権代表
2017年 -
次代:
(現職)
先代:
ウラジーミル・クラコフ
ヴォロネジ州知事
2009年 - 2017年
次代:
アレクサンドル・グセフ
(代行)
先代:
ウラジーミル・シチェルバク
ロシア農相
1999年 - 2009年
次代:
エレーナ・スクルィーニク