イングヴィレール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Ingwiller
Ingwiller.exterieur1.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) グラン・テスト地域圏
(département) バ=ラン県Blason département fr Bas-Rhin.svg
(arrondissement) サヴェルヌ郡
小郡 (canton) ブクスヴィレール小郡
INSEEコード 67222
郵便番号 67340
市長任期 ユーグ・ダンネル
2008年-2014年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes du pays de Hanau
人口動態
人口 4 110人
2008年
人口密度 228人/km2
地理
座標 北緯48度52分25秒 東経7度28分40秒 / 北緯48.8736度 東経7.4778度 / 48.8736; 7.4778座標: 北緯48度52分25秒 東経7度28分40秒 / 北緯48.8736度 東経7.4778度 / 48.8736; 7.4778
標高 平均:? m
最低:185 m
最高:371 m
面積 18.05km2 (1 805ha)
Ingwillerの位置(フランス内)
Ingwiller
Ingwiller
公式サイト Site officiel de la commune d'Ingwiller
テンプレートを表示

イングヴィレールIngwillerドイツ語:Ingweiler)は、フランスグラン・テスト地域圏バ=ラン県コミューン

歴史[編集]

地名について最古に記されたのは742年、Ingoniunilareとしてである[1]。785年にはIlununilare、1175年にはIngichwilre、1178年のローマ教皇アレクサンデル3世の教書においてはIngevilreと記された.[2]

ジモン・フォン・リヒテンベルクの願いを聞き入れた神聖ローマ皇帝ルートヴィヒ4世は1345年にイングヴィレールの村を町に昇格させ、アグノーの町と同様の権利と自由を住民に与えた。したがって、壁や溝、柵でまちを覆えるようになり、金曜日に毎週市が開かれるようになった[3]

イングヴィレールはプロテスタントのまちで、1570年まではイングヴィレール教区となっていた。

1822年、かつての領主ハーナウ=リヒテンベルク家が所有していた古い城の跡地にシナゴーグが建てられた。

普仏戦争終結後、イングヴィレールの166人の住民がフランクフルト講和条約後もフランス国民であることを選んだ。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2008年
3074 3257 3674 3900 3753 3847 3988 4110

参照元:INSEE[4]

脚注[編集]

  1. ^ Krauss, Kunst und Altertum im Elsass, Straßburg 1876–92
  2. ^ Karl Letz, Geschichte der Stadt Ingweiler, Zabern 1896
  3. ^ Strobel und Engelmann: Vaterländische Geschichte des Elsaß, Straßburg 1840–49
  4. ^ Ingwiller sur le site de l'Insee