イワン・ディネフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Pix.gif イワン・ディネフ
Ivan Dinev
Figure skating pictogram.svg
基本情報
代表国:  ブルガリア
生年月日: (1978-11-08) 1978年11月8日(39歳)
出生地: ソフィア
身長: 174 cm[1]
元コーチ: アンジェラ・ニコディノフ[2]
イゴール・パシケビッチ[1]
ラファエル・アルトゥニアン
リュドミラ・ムラデノワ
元振付師: ニコライ・モロゾフ[1]
所属クラブ: スポーツクラブ・イワン・ディネフ[1]
引退: 2006年
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 182.38 2005 世界選手権
ショートプログラム: 63.64 2006 トリノ五輪
フリースケーティング: 126.72 2005 世界選手権
 
獲得メダル
フィギュアスケート
ジュニアシリーズファイナル
1997 ローザンヌ 男子シングル

イワン・ディネフブルガリア語: Иван Динев[3]1978年11月8日[1] - )は、ブルガリアソフィア出身の男性フィギュアスケート選手。妻はフィギュアスケート選手のアンジェラ・ニコディノフ

1998年長野オリンピック、2002年ソルトレイクシティオリンピック、2006年トリノオリンピック男子シングルブルガリア代表。

経歴[編集]

  • ブルガリアのソフィアに生まれ、4歳ころにスケートを始めた。
  • 1991-1992年シーズンには13歳ながら欧州選手権ならびに世界選手権へ出場。ジュニア時代からブルガリアを代表するスケーターとして活躍。
  • 1998年の長野オリンピックから2006年トリノオリンピックまで3大会連続でオリンピックに出場。
  • 1999年の世界選手権ではブルガリア選手として初めて4回転トウループジャンプを成功させ、1999年エリック・ボンパール杯ではブルガリア選手として初めてメダルを獲得。
  • 2005-2006年シーズンをもって現役引退。

主な戦績[編集]

大会/年 92-93 93-94 94-95 95-96 96-97 97-98 98-99 99-00 00-01 01-02 02-03 03-04 04-05 05-06
冬季オリンピック 11 13 17
世界選手権 予落[4] 予落[5] 23 21 14 18 12 17 14 15 13 19
欧州選手権 予落[6] 17 21 11 9 10 6 5 7 7 16 18 11
ブルガリア選手権 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1
GPファイナル 6
GPNHK杯 3 8
GP中国杯 7
GPエリック杯 3 6
GPロシア杯 4 5 4 3 9
GPスケートアメリカ 10
GPボフロスト杯 5
GPスケートカナダ 4
フィンランディア杯 5 7 7
シェーファー記念 3
世界Jr.選手権 21 11 5
JSファイナル 2
JSSNP 1
JSソフィア杯 1

シニア[編集]

ジュニア[編集]

プログラム[編集]

シーズン SP FS
2005-2006[1] タイプライター フラメンコ
演奏:ジェシー・クック

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 『フィギュアスケート選手名鑑 2006』新書館、2005年12月
  2. ^ 斎藤貴子編『COLORS フィギュアスケート男子シングルフォトブック』あおば出版、2006年2月、p.108
  3. ^ ブルガリア語ラテン翻字: Ivan Dinev
  4. ^ 予選B組で22位となりショートプログラムに進めず
  5. ^ 予選A組で13位となりショートプログラムに進めず
  6. ^ 予選で26位となりショートプログラムに進めず
  7. ^ 2001/2002 ISUグランプリファイナルはフリー演技を2度行った。

外部リンク[編集]