イルジギデイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

イルジギデイIljigidei/Eljigidai, ايلجيكداى Īljīkidāī, ? - ?)は、チャガタイ・ハン国君主1326年 - 1326年[1] or 1327年? - 1330年?[2])。チャガタイ家の当主ドゥアの子で、ゴンチェクエセン・ブカケベクドレ・テムルタルマシリンらはイルジギデイの兄弟。[2]

イルジギデイの治世の中央アジアではドミニコ会士のThomas Mancasolaによるキリスト教の布教活動が行われた[3]1329年にThomasはアヴィニョンに帰国し、教皇ヨハネス22世がイルジギデイに宛てた書簡を携えて中央アジアを再び訪れたが、イルジギデイはすでに没していた[3]。イルジギデイの後、兄弟のドレ・テムルが跡を継いだ[1]。フランスの歴史学者ルネ・グルッセは、イルジギデイとドレ・テムルの短い治世を経て1326年にイルジギデイの兄弟タルマシリンがチャガタイ家の当主となったと述べている[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b イブン・バットゥータ『大旅行記』4巻(家島彦一訳注, 東洋文庫, 平凡社, 1999年9月)、240頁
  2. ^ a b 『中央ユーラシアを知る事典』(平凡社, 2005年4月)、556-557頁
  3. ^ a b V.V. Barthold『Four studies on the history of Central Asia』(Minorsky, T、Minorsky, Vladimir訳, E.J. Brill, 1956年)、134頁
  4. ^ ルネ・グルセ『アジア遊牧民族史』下(後藤富男訳, ユーラシア叢書, 原書房, 1979年2月)、545頁
先代:
ケベク
チャガタイ・ハン国の君主
1326年
1327年?- 1330年?
次代:
ドレ・テムル