ゴンチェク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ゴンチェク(? - 1308年)は、中央アジアを支配したチャガタイ・ハン国の第12代君主(在位:1307年 - 1308年)。漢語史料では寛徹と表記される。

父は第11代ハンのドゥア。1307年に父が死去したため、跡を継いだ。短い治世の間にはオゴタイ家の王族キュレスベによる反乱が起きるが、傍流であるブリ家の諸王ヤサウルとジンクシによって反乱は鎮圧される[1]

1308年に没し、没時にドゥアの子の中に後継者候補と言える人物が不在であったため、チャガタイ家の長老格であるブリ家のナリクがハン位を襲った[2]

脚注[編集]

  1. ^ 加藤『ティームール朝成立史の研究』、37,47頁
  2. ^ 加藤『ティームール朝成立史の研究』、47-48頁

参考文献[編集]

  • C.M.ドーソン『モンゴル帝国史』6巻、230頁(佐口透訳注、東洋文庫、平凡社、1979年11月)
  • 加藤和秀『ティームール朝成立史の研究』(北海道大学図書刊行会、1999年2月)
先代:
ドゥア
チャガタイ・ハン国の君主
1307年 - 1308年
次代:
ナリク