イマガバリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イマガバリン
Imagabalin.svg
IUPAC命名法による物質名
識別
CAS番号
610300-07-7
610300-00-0 (hydrochloride)
ATCコード None
PubChem CID: 10236037
ChemSpider 8411525
KEGG D09627
別名 PD-0332334; PD-332,334
化学的データ
化学式 C9H19NO2
分子量 173.253 g/mol
テンプレートを表示

イマガバリン(Imagabalin)は、電圧依存性カルシウムチャネルのα2δサブユニットのリガンドとして作用する[1]。α2δ2サブユニットと比べてα2δ1サブユニットに対する選択性がある[2]ファイザーによって医薬品として開発されていたには、抗不安薬鎮痛剤睡眠薬抗てんかん薬の作用が非臨床試験で示されていた。現在は、全般性不安障害の治療についての、第三相臨床試験が実施されている[2][3]

出典[編集]

  1. ^ Quintero JE, Pomerleau F, Huettl P, Johnson KW, Offord J, Gerhardt GA (July 2011). “Methodology for rapid measures of glutamate release in rat brain slices using ceramic-based microelectrode arrays: basic characterization and drug pharmacology”. Brain Research 1401: 1–9. doi:10.1016/j.brainres.2011.05.025. PMID 21664606. http://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S0006-8993(11)00910-3. 
  2. ^ a b Larry Ereshefsky (2008), “Therapies in the Pipeline for Sleep Disorders: Focus on Novel Mechanisms and Disease Models” (PDF) (プレスリリース), p. 11, http://www.cmellc.com/psychcongress/images/08pdf/43-5%20Ereshefsky.pdf 2012年4月22日閲覧。 
  3. ^ A 10-Week Study Evaluating the Efficacy And Safety of PD 0332334 for the Treatment of Generalized Anxiety Disorder”. 2012年4月22日閲覧。

関連項目[編集]