イベリアのアンティム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ანთიმოზ ივერიელი
Antim Ivireanul
Mănăstirea Antim (transparent).png
アンティム修道院英語版にあるモザイク画
生誕 17世紀半ば
死没 1716年9月14日
崇敬する教派 ルーマニア正教会
グルジア正教会
列聖日 1992年
列聖場所 ブカレスト
列聖決定者 ルーマニア正教会の聖シノド
記念日 9月14日ルーマニア正教会

イベリアのアンティム聖アンティモスルーマニア語: Antim Ivireanul, グルジア語: ანთიმოზ ივერიელი, 17世紀半ば - 1716年9月14日)は、ルーマニア神学者、また芸術家であり、ルーマニア教史における大立者である[1]。この時代における最も教養ある人物の一人であり、ギリシャ語ルーマニア語古代スラブ語をはじめとして数多くの言語を操ることができ、また、神学、文学、自然科学に精通し、さらに芸術家でもあった[2]。とりわけグルジアのカリグラフィーによって知られる[2]

来歴[編集]

1650年[3]-1660年頃にイベリア王国(現在のジョージア)で生まれる[1][4]洗礼名はアンドリア(Andria)[2]。強盗に襲われて奴隷として売られたのちにドシセオス2世の労によって自由の身となるが、ドシセオスに仕えるためにその地に留まる[2]。1691年頃、ワラキア(現在のルーマニア)の公コンスタンティン・ブルィンコヴェアヌ英語版の招きによってワラキア公国に赴き、ブカレストで印刷所の新設を命じられる[2]

1694年にはスナゴヴ英語版修道院の修道院長、1705年にはルムニク・ヴルチャの主教となった[1][2]1708年に大主教に任じられ、1715年ニコラス・マヴロコルダトス英語版によって大主教を解任されるまでワラキアの自由のために精力的に活動を続けた[5][2]。アンティムの指揮によってワラキアに建設された教会や修道院は20を超える[2]。マヴロコルダトスにより追放されたアンティムは1716年に殺される[2]。アンティムの死後、彼がまだ大主教であった1715年にブカレストに建立された修道院は、アンティムを称えてアンティム修道院英語版と名付けられた[4]

1992年ルーマニア正教会はアンティムを列聖し、忌日である9月14日をその記念日に制定した[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c PD-icon.svg Wikisource-logo.svg Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Anthim the Iberian". Encyclopædia Britannica (11th ed.). Cambridge University Press. 
  2. ^ a b c d e f g h i j St Anthimus, Bishop of Georgia” (英語). アメリカ正教会. 2016年1月11日閲覧。
  3. ^ АНТИМ ИВИРЯНУ” (ロシア語). Православной энциклопедии. 2016年1月11日閲覧。
  4. ^ a b Anthimus of Iberia” (英語). ブリタニカ百科事典. 2016年1月11日閲覧。
  5. ^ Costa, Ioana (2014). “WANDERING LETTERS”. European Scientific Journal (Special edition) 2: 388-392. http://www.eujournal.org/index.php/esj/article/view/2377. 

ギャラリー[編集]

外部リンク[編集]