イサミ・ドイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

イサミ・ドイIsami Doi, 1903年 - 1965年)は、アメリカ合衆国版画家画家

生涯[編集]

ハワイ州オアフ島に生まれた。家族とともにカウアイ島に移り、以来同島カラヘオ(Kalaheo)に住んだ。

ドイはハワイ大学で2年間、コロンビア大学で5年間、さらにパリで1年間、絵を学んだ。ニューヨーク1938年まで滞在し、それからハワイに戻ると、版画、描画、金属細工を教える一方で、1929年にサン・フランシスコのガンプスがホノルルにオープンしたS. and S. Gump's store、後にはミングス・ジュエリーのために宝石をデザインした。

1929年4月、ホノルル美術館(Honolulu Academy of Arts)で、カウアイ山を描いた風景画と15点の版画をフィーチャーしたイサミ・ドイ初の個展が催された。ドイの初期の作品はくすんだ灰褐色と茶色で描かれ、慎ましいエロスを持っていた。中期はギリシア・ローマから受け継がれた象徴、たとえばケンタウロスや壊れた柱、スフィンクスなどを描いた。以降のドイの作品は、精神性を深め、炎と光を示すオレンジ色と朱色を使った、純粋な抽象作品に接近した。単純化された釈迦の形はドイの瞑想を象徴する記号だった。1960年代の後期作品では、ドイはそうしたシンボルを捨て去って、カウアイ島の絶壁を精神的な存在と見て描いた。ドイは1965年にハワイで死去。

イサミ・ドイの作品は以下のところに所蔵されている。ハワイ州立美術館(Hawaii State Art Museum)、ホノルル美術館、ネルソン=アトキンス美術館(Nelson-Atkins Museum of Artカンザスシティ)、スミソニアン・アメリカ美術館(Smithsonian American Art MuseumワシントンD.C.)、ミシガン大学美術館(University of Michigan Museum of Artアナーバー)、他。

代表作[編集]

  • Caucasian-Hawaiian(1939年、油彩、ハワイ州立美術館)[1]
  • The Second Commandment(1950年代頃、木版画)[2]
  • Cosmic Alchemy(1962年、油彩)

参考文献[編集]

  • Forbes, David W., "Encounters with Paradise: Views of Hawaii and its People, 1778-1941", Honolulu Academy of Arts, 1992, 211-269.
  • Haar, Francis and Neogy, Prithwish, "Artists of Hawaii: Nineteen Painters and Sculptors", University of Hawaii Press, 1974, 3-7.
  • Yoshihara, Lisa A., Collective Visions, 1967-1997, [Hawaii] State Foundation on Culture and the Arts, Honolulu, Hawaii, 1997, 54.

外部リンク[編集]