イアジュディン・アハメド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

イアジュディン・アハメドベンガル語: ইয়াজউদ্দিন আহম্মেদ: Iajuddin Ahmed1931年2月1日 - 2012年12月10日)は、バングラデシュ政治家2002年から2009年まで、同国の大統領を務めた。

インドベンガル州(現 バングラデシュ)のムンシガニの有力なイスラム教の家庭に生まれた。父はムールヴィ・イブラヒム。姓はアーメドと表記されることもある。ダッカ大学オックスフォード大学イギリス)を卒業し、ウィスコンシン大学アメリカ合衆国)で修士号と博士号を取得した。

ダッカ大学土壌学部教授および学部長を務めた後、1991年にバングラデシュ暫定政府の顧問に就任。また公共サービス委員会委員長に就任し、1993年まで務めた。1995年から1999年にかけて大学奨学金委員会委員長に就任した。

2002年9月6日に大統領に就任。2006年心臓のバイパス手術を受けた。同年10月から2007年1月まで首相代行も務めたが、国内の批判を受けて、兼任していた暫定政府主席顧問の地位を辞任し、バングラデシュ中央銀行総裁のファクルッディン・アーメドを後任に任命した。

2012年12月10日、タイ・バンコクのバムルンラート病院で死去[1]。81歳没。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Former president Iajuddin Ahmed passes away Priyo News 2012年12月10日閲覧


公職
先代:
ムハマド・ジャミルディン・シルカル英語版
バングラデシュの旗 バングラデシュ人民共和国大統領
第16代:2002 - 2009
次代:
ジルル・ラーマン