アン・バートン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Ann Burton
Ann Burton 1961.jpg
1961年撮影
基本情報
出生名 Johanna Rafalowicz
別名 Johanna de Paauw
生誕 (1933-03-04) 1933年3月4日
オランダの旗 オランダアムステルダム
死没 1989年11月29日(1989-11-29)(56歳)
オランダの旗 オランダアムステルダム
ジャンル ジャズ
職業 歌手
活動期間 1965年~1989年
公式サイト www.annburton.com

アン・バートンAnn Burton1933年3月4日 - 1989年11月29日)は、オランダ出身のジャズ歌手

生涯[編集]

1933年3月4日生まれ。出生名はヨハンナ・ラファロヴィチ(Johanna Rafalowicz)。母親は1930年ごろにポーランドからオランダに移住した人物。ヨハンナが生まれた3年後に、ダイヤモンドの労働者と結婚した。

1938年、ヨハンナは継父の姓を受け継ぎ、1971年に再びラファロヴィチに改姓するまで、ヨハンナ・デ・パウ(Johanna de Paauw)の名を本名とした。第二次世界大戦中、彼女の家族はドイツ占領下のオランダユダヤ人迫害に遭い、彼女は身を隠した。母と継父はナチスの強制収容所を生き延びた。しかし、家庭は崩壊し、両親は親権を奪われた。母のポーランド国籍を持っていたヨハンナは、1957年にオランダ国籍を取得[1]した。

ヨハンナは歌のレッスンを受けたことはなかったが、ドリス・デイジョー・スタッフォードローズマリー・クルーニーエラ・フィッツジェラルドサラ・ヴォーンなどのアメリカの歌手の歌を聴いていた。その後、ビリー・ホリデイシャーリー・ホーンに影響を受けた。音楽の世界を志した彼女は、1955年頃に俳優のリチャード・バートンにちなんでアン・バートンという名前を名乗る。

アン・バートンはルクセンブルクで歌手としてのキャリアをスタートさせた。彼女はバンドリーダーのジョニー・ミルストンフォード(Johnny Millstonford)と一緒に歌い、ドイツに駐留するアメリカ兵のためにテッド・パウダー(Ted Powder)のオーケストラとともにクラブに出演した。

1958年夏にはピアニストのピア・ベック(Pia Beck)[2]のカルテットでスヘフェニンゲンで歌い、1960年にはサックス奏者のピエ・ノールディクとともにスペインモロッコでツアーを行った。オランダに戻った彼女は再びスヘフェニンゲンで歌う。1965年、彼女はデッカ・レコードのためにフランス・エルセントリオと一緒にシングル盤を制作した。その後、ラムセス・シャフィ率いるグループ、「Shaffy Chantant」に参加。

60年代後半、彼女はレコード会社「アートーン(Artone)」のディレクター、ジョン・J・ヴィス(John J. Vis)に注目され、1967年にファースト・アルバム「Blue Burton」を制作した。このアルバムでは、ルイス・ヴァン・ダイクジャクエス・スコルスジョン・エンゲルスのトリオにピエ・ノールディクが加わり、伴奏を務めた。彼女は人気を博し、このアルバムは1969年エジソン・アワードを受賞した。1969年1972年にはさらに数枚のレコードがリリースされた。

1973年の初来日以来、生涯でのべ4度来日(1973年1974年1977年1980年)。佐藤允彦との共演盤「By Myself Alone」のように、日本でも数枚アルバムを制作した。1970年代の終わりにはニューヨークで活動し、アルバムを制作する。その中には、歌手のヘレン・メリルプロデュースのもと、グレイディ・テイトバスター・ウィリアムスと共演した作品もあった。1979年発表のアルバム「New York State of Mind」でエジソン・アワードを受賞。1980年代には自身のレーベル「バートーン(Burtone)」を立ち上げ、アルバムをリリース。1986年から1988年にかけてアムステルダム音楽院で教鞭をとる。

1989年11月29日喉の癌のため死去。享年56。

ディスコグラフィ(抜粋)[編集]

  • Early Burton & More - Blue Jack BJJR048
  • Blue Burton, 1967 - SMM 496791 2
  • Ballads and Burton, Artone, 1969
  • Sings for Lovers and Other Strangers, CBS, 1972 - Epic SICP 4223 (Japan)
  • Misty Burton, Epic, 1973
  • By Myself Alone, Eastwind, 1974 - UCCJ-9137
  • Burton for Certain, Trio, 1977
  • He's Funny That Way, Lobster, 1977
  • New York State of Mind, CBS, 1979 - Inner City IC 1094
  • Some Other Spring, Lobster, 1980
  • Ann Burton Sings...vol.1, Burtone, 1980
  • Sentimental Touch, RCA/Tokuma, 1981
  • Am I Blue, Keytone, 1981 - Keytone 711 CD
  • Ann Burton Sings...vol. 2, Burtone, 1983
  • It Might as Well Be Love, Turning Point, 1984
  • Ann Burton & Mark Murphy Meet The Rob Agerbeek Trio, 1987, Blue Jack BJJR 021
  • Everything Happens, Burtone, 1988 - Burtone 3
  • Live in Japan (opnames 1977), 2003
  • Collection (Met Louis van Dijk) - CBS CDCBS 26611

伝記[編集]

  • Anneke Muller. Blue Burton. Schoorl: Conserve, 1999. ISBN nummer 90-5429-129-X

参照[編集]