アンヌ=ジュール・ド・ノアイユ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イアサント・リゴーによる肖像画、1691年作。

第2代ノアイユ公爵アンヌ=ジュール・ド・ノアイユフランス語: Anne-Jules de Noailles, 2er duc de Noailles1650年2月5日 - 1708年10月2日)は、フランス王ルイ14世の治世末期の軍人。1689年にノアイユ連隊を徴集した後、大同盟戦争スペイン継承戦争でスペイン戦役に参戦、1693年にフランス元帥に叙された[1]

家族[編集]

アンヌ・ド・ノアイユ英語版ルイーズ・ボワイエ英語版の息子として生まれ、1678年にアンヌが死去するとノアイユ公爵英語版の称号を継承した[1]。マリー=フランソワーズ・ド・ブルノンヴィル(Marie-Françoise de Bournonville)と結婚して[2]子供をもうけた。1708年に死去、長男のアドリアン・モーリス英語版が公爵の称号を継承した。娘のマリー・ヴィクトワールはルイ14世の庶子トゥールーズ伯爵と結婚した。

アンヌ=ジュール・ド・ノアイユは多くの子女をもうけた。

脚注[編集]

  1. ^ a b Chisholm 1911, p. 722.
  2. ^ a b c d e f g h Oettinger & Kesselmeyer 1869, p. 64.

参考文献[編集]

  • Oettinger, Eduard Maria; Kesselmeyer, Karl August (1869). Moniteur des dates (ドイツ語). L. Denicke. p. 64. 2012年8月13日閲覧
  • Wikisource-logo.svg Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Noailles s.v. Anne Jules" . Encyclopædia Britannica (英語). 19 (11th ed.). Cambridge University Press. pp. 722–723.

関連項目[編集]

アンヌ=ジュール・ド・ノアイユ
ノアイユ家

1650年2月5日 - 1708年10月2日

フランスの爵位
先代:
アンヌ英語版
ノアイユ公爵英語版
1677年 – 1708年
次代:
アドリアン・モーリス英語版