アンナ・フォン・デア・プファルツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アンナ・フォン・デア・プファルツ
Anna von der Pfalz
ローマ王妃
ボヘミア王妃
Anna von der Pfalz.jpg
出生 1329年9月26日
死去 1353年2月2日
配偶者 ローマ皇帝ボヘミアカール4世
子女 ヴェンツェル
父親 ライン宮中伯ルドルフ2世
母親 アンナ・フォン・ケルンテン
テンプレートを表示

アンナ・フォン・デア・プファルツ(Anna von der Pfalz, 1329年9月26日 - 1353年2月2日)は、ローマ皇帝ボヘミアカール4世の2度目の皇后。父はライン宮中伯ルドルフ2世、母はケルンテン公オットー3世の娘アンナ。

1349年ライン川のバカラックという町でカール4世と結婚。この結婚にはヴィッテルスバッハ家と対立関係にあった教皇クレメンス6世が反対していたが、カールはそれを押し切って結婚し、そのために教皇が1352年に死去するまで教皇とカールとの関係は冷却したままであったという[1]。同年にアーヘンローマ王妃、ボヘミア王妃として戴冠した。翌1350年1月27日に息子ヴェンツェルを産んだが、ヴェンツェルは1351年12月30日に夭折、アンナも1353年2月2日に23歳の若さで亡くなった。

同年5月27日、カール4世はシレジアのシフィドニツァ公ヘンリク2世の娘でヴェンツェルと婚約していたアンナと3度目の結婚をした。

脚注[編集]

  1. ^ 鈴本、p. 64

参考文献[編集]

  • 鈴本達哉 『ルクセンブルク家の皇帝たち』 近代文芸社、1997年