アンチセンス鎖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アンチセンス鎖(アンチセンスさ)は、ある配列のDNARNAに対して相補的な配列をもつDNA断片やRNA断片のこと。DNAにおいてはアデニンチミン、そしてグアニンシトシンは結合力をもつため、溶液内あるいは細胞内では相補的な断片同士が結合し、さまざまな影響をもたらす。RNAの場合にはアデニンとウラシルが結合する。

具体例[編集]

5'-AATTGCGCGGCCTATA-3' という配列を含むDNA(これ以上長くとも良いし、これよりわずかに短くとも良い)がある場合、
3'-TTAACGCGCCGGATAT-5' というDNA断片は上記のDNAに結合し、他の酵素RNA蛋白質糖鎖が結合することを妨げ、DNAの転写を阻害する。

外部リンク[編集]

  • アンチセンス法 - 脳科学辞典 アンチセンス核酸を用いた遺伝子発現の制御法に関する解説。
  • モルフォリノ - 脳科学辞典 細胞膜透過性、安定性などを改善したアンチセンス核酸に関する解説。遺伝子発現の制御に用いる。