アンカラ75年競馬場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンカラ75年競馬場
Ankara 75. Yıl Hipodromu
施設情報
所在地 トルコの旗İstanbul Yolu 18, KM Ankara, Turkey
座標 北緯39度58分9秒 東経32度40分55秒 / 北緯39.96917度 東経32.68194度 / 39.96917; 32.68194座標: 北緯39度58分9秒 東経32度40分55秒 / 北緯39.96917度 東経32.68194度 / 39.96917; 32.68194
開場 1998年
管理・運用者 トルコジョッキークラブ
コース
周回 右回り
馬場 芝・ダート
テンプレートを表示

アンカラ75年競馬場(アンカラななじゅうごねんけいばじょう、トルコ語: Ankara 75.Yıl Hipodromu アンカラ・イェットミシュ・ベシンジ・ユル・ヒポドロム)は、トルコアンカラにある競馬場イスタンブールヴェリエフェンディ競馬場に並ぶ規模を持ち、トルコ共和国建国記念日の10月29日にトルコで最も格式の高いアラブ(純血アラブ)競走の共和国賞と、トルコのサラブレッド競走のG1(国内G1)戦線を締めくくる大統領賞が開催される。

1998年に開設され、同年がトルコ共和国建国(共和制宣言)の75周年記念であることにちなんで命名された。運営者であるトルコジョッキークラブの英語版ホームページ[1]や『国際セリ名簿基準書[2]では競馬場名を意訳しないで75. ユル75. Yıl)と表記されており、しばしばこれをそのままローマ字読みしたアンカラ75イル競馬場という名称で紹介される[3]

概要と歴史[編集]

アンカラでの競馬は、この町が革命側の拠点となったトルコ革命中の1920年、旧市街に近いアンカラ駅の側に一周1600mのコースを設けて開始された。1927年からトルコ競馬最大の競走ガジ賞(ガジダービー)が施行された(1968年イスタンブールに移転)[4]

1932年には競馬場を含む近代的なスポーツ複合施設の建設が決められ、1936年にアンカラ競馬場(Ankara Şehir Hipodromu)が竣工した[5]。このスポーツ複合施設は2013年現在もサッカースュペル・リグでアンカラを拠点とするチームのホームスタジアムに使われているアンカラ5月19日スタジアムを含むもので、やはり旧市街に近かった。

1998年にアンカラ北西部のイェニマハッレ区に移転し、現在の75年競馬場となった。この場所はアンカラ市街地のはずれに当たり、環状道路に近い。

コース[編集]

右回り。未開発の郊外に開場したためゆったりしたコースとなっており、2本の直線がほぼ等距離の均等な形状をしている。外側が1周2200mの芝コース、内側が1周2056mのダートコースで、いずれの全周もトルコの競馬場で最大[3]

設備[編集]

開場が新しく、充実した施設を有する。1,383,282平方メートルに、5階建ての大型スタンド(定員8700人)のほか、パドック、102m2の大型LCDディスプレイを備える。

建国記念日の競走開催に当たって大統領ほかの来賓を迎えるため、スタンドには大統領室や外交使節室を有する[1]

施行する主な競走[編集]

(括弧内は英訳レース名からの重訳。※はアラブ競走[6]。)

アクセス[編集]

  • 市営バス(EGO)245、547、548、549、550、551、552、553、554各線
    • 地下鉄M1号線(Metro M1)バトゥケント駅(Batıkent)下車、バスに乗り換えて75. Yıl Hipodromu下車。バス停はスタンドの反対側にあるため入場にはコースを迂回する必要がある。

脚注[編集]

  1. ^ a b Ankara 75. Yıl Racecourse” (英語). TJK. 2013年7月6日閲覧。
  2. ^ International Cataloguing Standards Book 2013 (PDF)” (英語). The Jockey Club Information Systems. 2013年7月6日閲覧。
  3. ^ a b トルコの競馬場”. 公益財団法人ジャパン・スタッドブック・インターナショナル(JAIRS). 2013年7月1日閲覧。
  4. ^ Tarihçe” (トルコ語). TJK. 2013年7月6日閲覧。
  5. ^ Gazi Koşusu Festival Tarihçesi” (トルコ語). TJK. 2013年7月6日閲覧。
  6. ^ Major Races” (英語). TJK. 2013年7月6日閲覧。

外部リンク[編集]