アレックス・オノルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アレックス・オノルド
Alexander J. Honnold
Alex Honnold - Trento Film Festival 2014
トレント映画祭にて(2014年)
個人情報
生誕 (1985-08-17) 1985年8月17日(33歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州サクラメント
職業 ロッククライマー
登頂歴
登頂方法 フリーソロ・クライミング英語版
ビッグウォール・クライミング英語版
著名な実績 エル・キャピタン ノーズ 最速登攀
フィッツ・ロイ完全縦走

アレックス・オノルド(Alex Honnold、1985年8月17日 - )はアメリカロッククライマー/フリークライマー。ビッグウォールのフリークライミングで知られる。エル・キャピタンのノーズの最速登攀記録(2012年)[1][2]や、パタゴニアフィッツ・ロイの縦走記録(2014年)[3][4]などをもつ。

経歴[編集]

カリフォルニア州サクラメント出身。10歳のときにクライミングを始めた[5]マイラ・ローマ・ハイスクールを優秀な成績(GPA 4.7)[6]で卒業し、カリフォルニア大学バークレー校に入学した。19歳で大学を中退し、以降ヴァンでの生活を続けながらクライミングに専念する。

2010年、クライミングマガジンが主宰するゴールデン・ピトン賞を受賞した[7]。2011年11月、ハンス・フローリンと共にヨセミテ国立公園エル・キャピタンのノーズを2時間37分30秒で登攀したが、当時の最速記録には45秒及ばなかった[8]。翌2012年6月、再度挑戦し、2時間23分46秒の最速記録を打ち立てた[1][2]。2014年2月にはトミー・コールドウェルとともにパタゴニアのフィッツ・ロイの完全縦走に成功し、ピオレドール賞を受賞した[9][10]

主な登攀歴[編集]

ビッグウォール[編集]

いずれもヨセミテ国立公園

ボルダリング[編集]

いずれもカリフォルニア州ビショップ

  • 2010年 アンブロージア: 8A(V11) 第二登[12]
  • 2012年 トゥー・ビッグ・トゥー・フレイル: 7C+(V10) あるいは 8B(5.13d) 初登[13]

その他(縦走など)[編集]

著書[編集]

  • 堀内瑛司 訳『アローン・オン・ザ・ウォール 単独登攀者、アレックス・オノルドの軌跡』ロバーツ・ディヴィッド共著(山と溪谷社, 2016年)ISBN 9784635340311

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『ROCK & SNOW』number 071、山と溪谷社、2016年4月、 48-49頁、 ISBN 9784635924399
  2. ^ a b c On the Nose: A Lifelong Obsession with Yosemite's Most Iconic Climb. Falcon Guides. (2016年9月). pp. 193. ASIN B01LY7SNFL. 
  3. ^ Caldwell, Honnold Complete Fitz Traverse”. Climbing. 2016年11月11日閲覧。
  4. ^ トミー・コールドウェル、アレックス・オノルドペア、パタゴニア・フィッツロイを初の完全縦走”. CLIMBING-net. 2016年11月11日閲覧。
  5. ^ アレックス・オノルド; ロバーツ・ディヴィッド; 堀内瑛司訳 『アローン・オン・ザ・ウォール 単独登攀者、アレックス・オノルドの軌跡』 山と溪谷社、2016年、24頁。ISBN 9784635340311 
  6. ^ Joe Rogan Experience #319 - Alex Honnold, Brian Redban”. Youtube.com. 2016年11月11日閲覧。
  7. ^ 2010 Golden Piton Awards”. Climbing. 2016年11月11日閲覧。
  8. ^ On the Nose: A Lifelong Obsession with Yosemite's Most Iconic Climb. Falcon Guides. (2016年9月). pp. 192. ASIN B01LY7SNFL. 
  9. ^ a b 第23回ピオレドールは フィッツロイ縦走、タムセルク南西壁、ハグシュ北壁の3隊が受賞”. CLIMBING-net. 2016年11月11日閲覧。
  10. ^ a b 2015 Piolets d’Or Awards”. Rock and Ice Magazine. 2016年11月11日閲覧。
  11. ^ a b Honnold's Biggest, Baddest Solo Yet”. Climbing. 2016年11月11日閲覧。
  12. ^ Alex Honnold Gets the 2nd Ascent of Ambrosia. - Rock Climbing & Bouldering Articles” (2010年2月18日). 2016年11月11日閲覧。
  13. ^ Alex Honnold: Too Big to Flail”. dpmclimbing.com. 2016年11月11日閲覧。
  14. ^ The North Face: Low's Gully, Borneo Big Wall Expedition 2009”. Youtube.com. 2016年11月11日閲覧。

外部リンク[編集]