アレクサンダー・ダリンプル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Alexander Dalrymple
(画:Conrad Westermayr).

アレクサンダー・ダリンプル(Alexander Dalrymple FRS、1737年7月24日 - 1808年7月19日)は、スコットランド生まれで、イギリス海軍最初の水路学者となった人物である。多くの海図を製作し、海運の安全に貢献した。太平洋未知の大陸があるという説を唱え、その結果、ジェームズ・クックが南方大陸探索の航海を行うことになった。

生涯[編集]

エディンバラ近くのニューヘイルズ(New Hailes)に、ジェームズ・ダリンプル卿の16人兄弟の7番目の子供に生まれた。14歳の時父親が没したため、多くの兄弟のため、教育を受けるのを諦め、司書経理を学び1952年にイギリス東インド会社に事務員として就職した。マドラスに赴任し、マドラスの総督ジョージ・ピゴー(George Pigot, 1st Baron Pigot)に重用されるようになった。インドネシア中国との貿易に興味を示し、スルのサルタンと交渉を行い、22歳で広東を訪れた。1765年にロンドンに戻り、王立協会フェローに選ばれた。1779年から東インド会社のために水路学者として働き、多くの水路図を作成し、後にイギリス海軍最初の水路学者となった。土木工学者のジョン・スミートンと知り合い、ともに風力測定の研究を行い、ダリンプルはフランシス・ボーフォートによるビューフォート風力階級につながる、先駆的な研究を行ったともされる。

1752年にイギリス艦隊がフィリピンを攻略し、捕獲したスペインの文書を翻訳する内に、海洋探検家のルイス・バーエス・デ・トーレスの文書を発見し、1770年から『南太平洋のいくつかの航海と発見の歴史的コレクション』("Historical Collection of the Several Voyages and Discoveries in the South Pacific Ocean")を出版した。未知の大陸の存在の主張は有名になり、世間の関心をひき、クックの探検航海が行われることになった。

Dalr.は、植物の学名命名者を示す場合にアレクサンダー・ダリンプルを示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)

著作[編集]

参考文献[編集]

  • Australian Dictionary of Biography. Vol.1 :1788-1850. 1966 Melbourne University Press.
  • Dalrymple, Alexander (ca. 1790). Practical Navigation. Printer's proof. National Library of Scotland, shelfmark Nha.M90 (3)
  • Friendly, Alfred. Beaufort of the Admiralty. New York. Random House, 1977
  • Huler, Scott (2004). Defining the Wind: The Beaufort Scale, and How a 19th-Century Admiral Turned Science into Poetry. Crown. ISBN 978-1-4000-4884-7
  • Howard T. Fry, Alexander Dalrymple (1737-1808) and the Expansion of British Trade, London, Cass for the Royal Commonwealth Society, 1970. ISBN 0-7146-2594-9