アルプレノロール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アルプレノロール
Alprenolol2.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
Drugs.com 国別販売名(英語)
International Drug Names
投与方法 経口
薬物動態データ
血漿タンパク結合 80% - 90%
半減期 2-3 時間 → 4-OH-アルプレノロール
識別
CAS番号
13655-52-2 チェック
ATCコード C07AA01 (WHO)
PubChem CID: 2119
IUPHAR/BPS 563
DrugBank DB00866 チェック
ChemSpider 2035 チェック
UNII 877K5MQ27W チェック
KEGG D07156  チェック
ChEBI CHEBI:51211 チェック
ChEMBL CHEMBL266195 チェック
化学的データ
化学式 C15H23NO2
分子量 249.34 g/mol

アルプレノロール(Alprenolol)またはアルフェプロール(Alfeprol)は、5-HT1A受容体アンタゴニストであるとともに、非選択的交感神経β受容体遮断薬である。狭心症の治療に用いられる[1]アストラゼネカではもはや売られていないが、他の製薬会社やジェネリックで入手可能である。

効能・効果[編集]

狭心症、頻脈性不整脈[2]

禁忌[編集]

  • 気管支喘息、気管支痙攣の虞れの有る患者
  • 糖尿病性ケトアシドーシス、代謝性アシドーシスの有る患者
  • 高度の徐脈(著しい洞性徐脈)、房室ブロック(II、III度)、洞房ブロックの有る患者
  • 心原性ショックの患者
  • 肺高血圧による右心不全の有る患者
  • 鬱血性心不全の有る患者
  • 未治療の褐色細胞腫の患者
  • 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人

副作用[編集]

アルプレノロールで起こり得る重大な副作用は、鬱血性心不全と血小板減少である。

出典[編集]

  1. ^ Hickie JB (August 1970). “Alprenolol ("aptin") in angina pectoris. A double-blind multicentre trial”. Med. J. Aust. 2 (6): 268-72. PMID 4393977. 
  2. ^ スカジロールカプセル25mg/スカジロールカプセル50mg 添付文書” (2016年3月). 2016年7月19日閲覧。