アルプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フュースリー『Nachtmahr』(1802年)

アルプalp, Alb)は、ドイツに伝わる夢魔の一種。

吸血鬼的な性格があるといわれ、などの様々な動物の姿になって現れる。 自分の姿を透明にできる帽子を被っていて、これがないと透明になれない[1]。 主に女性のの中に入って精気を吸うことから、アルプは男性とされている[2]

キリスト教の布教とともに堕とされ、闇に住む悪魔とされるようになった。後の民間伝承では病気をもたらし睡眠を妨害する悪魔デーモンへと堕落した。 元はゲルマン神話の精霊で、エルフElfen, Elben)や、北欧神話妖精の国アールヴヘイムに住む光の妖精アルヴ(Alv)と同起源である。

山中の地下深くに住む魔法の金属細工師である。一部がドワーフ、エルフ、一部がとされている。


脚注[編集]

  1. ^ 『幻想動物事典』1997年、22頁
  2. ^ 『幻想動物事典』1997年、22頁

参考文献[編集]