アルティエロ・スピネッリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アルティエロ・スピネッリ
Altiero Spinelli
Altiero Spinelli2.jpg
生年月日 1907年8月31日
出生地 イタリア王国の旗 イタリア王国 ローマ
没年月日 (1986-05-23) 1986年5月23日(78歳没)
死没地 イタリアの旗 イタリア ローマ
配偶者 ウルスラ・ヒルシュマン英語版
子女 バーバラ・スピネッリ英語版

在任期間 1976年7月5日 - 1983年5月10日

在任期間 1979年6月10日 - 1986年5月23日
テンプレートを表示

アルティエロ・スピネッリ(Altiero Spinelli、1907年8月31日 - 1986年5月23日)とは、イタリア共産主義者政治哲学者また、欧州連合の父の1人。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

スピネッリは1907年イタリア王国時代のローマに生まれ、ムッソリーニへの反発からイタリア共産党に入党する。1927年に逮捕され、16年間服役・監禁[1]。1937年には、トロツキストとして共産党から除名される[2]

ヴェントテーネ宣言[編集]

ヴェントテネ島時代の囚人スピネッリ、1930年代

1941年6月、スピネッリと同じく囚人のエルネスト・ロッシは「ヴェントテーネ宣言」を完成させた。ファシスト勢力が敗れたとしても、古いヨーロッパのシステムを再構築するだけでは再び戦争になると考え、戦後、民主主義諸国がヨーロッパ連邦を設立することを求める文書であった。この文書はタバコに書かれ、ウルスラ・ヒルシュマンによってイタリア本土に持ち込まれた。その後、この宣言はレジスタンスの間で広まった。

連邦主義者の擁護者[編集]

ヨーロッパの政治家[編集]

私生活[編集]

評価[編集]

賞与[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ See Spinelli, Altiero: Come ho tentato di diventare saggio (1987). This autobiographical work was to be in two parts. The first part, which appeared during Spinelli's life-time under the title Io Ulisse (1984), covers the life of the author until the Liberation (1943). Spinelli's writing on the second part (La goccia e la roccia) was interrupted by his death in 1986.
  2. ^ Altiero Spinelli – European Federalist (PDF)”. 2019年1月8日閲覧。

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、アルティエロ・スピネッリに関するカテゴリがあります。