アルガンスエラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
(2)アルガンスエラ
—  マドリードの行政区  —
スペインの旗 スペイン
自治州 Flag of the Community of Madrid.svg マドリード州
Escudo de Madrid.png マドリード
行政
 - Concejal
面積
 - 計 6.55km2 (2.5mi2)
人口 148,797人
Madrid district number 2
Address of council

アルガンスエラArganzuela)は、スペインマドリードの区。

地理[編集]

北をセントロレティーロ、南東をプエンテ・デ・バリェカス、南をウセラ、南西をカラバンチェル、西をラティーナと接する。南から西の境界は、マンサナーレス川の流れに沿っている。国内最大の鉄道駅、アトーチャ駅がある。

7つの地区で構成されている。

  • 21 - インペリアル
  • 22 - ラス・アカシアス
  • 23 - ラ・チョペラ
  • 24 - レガスピ
  • 25 - ラス・デリシアス
  • 26 - パロス・デ・モゲル
  • 27 - アトーチャ

歴史[編集]

アルガンスエラ区の土地は、マドリードの歴史地区南部に広がる自然の拡張部分だった。だからこそ18世紀に公共施設が設置されていた。1963年以降に再開発が始まり、ほぼ全ての工業施設が公園や文化施設に変わり、市が運営していたマタデロ・マドリード(家畜市場兼屠殺場)は閉鎖され文化施設に生まれ変わった。アルガンスエラが行政区となったのは1970年である。