ラティーナ (マドリード)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
(10)ラティーナ
—  マドリードの行政区  —
サンタ・クリスティナ教会
スペインの旗 スペイン
自治州 Flag of the Community of Madrid.svg マドリード州
Escudo de Madrid.png マドリード
行政
 - 長 Begoña Larrainzar Zaballar
面積
 - 計 25.41km2 (9.8mi2)
人口 256,644人
Madrid district number 10
Address of council

ラティーナLatina)は、スペインマドリードの区。

地理[編集]

マドリードの南西にあり、第四紀の地層上に位置する。いくつかの丘が連なり、マンサナーレス川の小さな支流が流れる(暗渠にされている)。カラバンチェルアルガンスエラセントロモンクロア=アラバカと接する。7つの地区から構成される。

  • 10.1 - ロス・カルメネス
  • 10.2 - プエルタ・デル・アンヘル
  • 10.3 - ルセロ
  • 10.4 - アルチェ
  • 10.5 - カンパメント
  • 10.6 - クアトロ・ビエントス
  • 10.7 - ラス・アギラス
  • 10.8 - バタン

歴史[編集]

ラティーナとは、イサベル1世の友であった著述家ベアトリス・ガリンド(es)の別称ラ・ラティーナ(La Latina、ラテン語に精通していたため)にちなむ。1845年にマドリード行政区の編成で10区が誕生した際に付けられた。しかしこのときのラティーナは、カラバンチェルの一部であった。

区内にあるゴヤ駅は、画家フランシスコ・デ・ゴヤが『黒い絵』を描いた場所であるキンタ・デル・ソルドに非常に近いため名づけられた。

1948年、カラバンチェルはマドリードに編入した。1971年にカラバンチェルが再編され、ウセラとラティーナが新たに区となった。

交通[編集]