アモムム属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アモムム属
Amomum magnificum (1832).jpg
Amomum magnificum
1832年のイラスト
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angisosperms
階級なし : 単子葉植物 Monocots
階級なし : ツユクサ類 Commelinids
: ショウガ目 Zingiberales
: ショウガ科 Zingiberaceae
: アモムム属 Amomum
Roxb.
シノニム

[1]

  • Meistera Giseke
  • Paludana Giseke
  • Wurfbainia Giseke
  • Torymenes Salisb., without description
  • Zedoaria Raf.
  • Geocallis Horan.
  • Cardamomum Rumph. ex Kuntze
  • Conamomum Ridl.
  • Paramomum S.Q.Tong

アモムム属(アモムムぞく、学名: Amomum)は、中国インド亜大陸東南アジアニューギニアクイーンズランド州に自生する植物である[1][2]カルダモンの数種、特にブラックカルダモンが含まれる。この属の植物は辛味と香りのため注目に値する[3][4]

古代の著述家の間では、amomumという名称は今日明白に識別することができない様々な香りの良い植物に帰せられた。この単語はラテン語のamomumに由来し[5]、これはインドの香辛料植物の一種を示すギリシア語ἄμωμον (amomon) のラテン語化英語版である[6]エドムンド・ロバーツ英語版は1833年の中国への旅において、amomumは食文化において「甘い料理を風味付けする」ために使われる、と記した[7]


出典[編集]

  1. ^ a b Amomum Roxb., Pl. Coromandel 3: 75 (1820), nom. cons.”. World Checklist of Selected Plant Families (WCSP). 2019年7月2日閲覧。
  2. ^ Amomum Roxburgh, Pl. Coromandel. 3: 75. 1820.”. Flora of China 24: 347. http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=2&taxon_id=101395 2019年7月2日閲覧。. 
  3. ^ Govaerts, R. (1995). World Checklist of Seed Plants 1(1, 2): 1-483, 1-529. MIM, Deurne.
  4. ^ Lamxay, V. & Newman, M.F. (2012). “A revision of Amomum (Zingiberaceae) in Cambodia, Laos and Vietnam”. Edinburgh Journal of Botany 69: 99-206. doi:10.1017/S0960428611000436. 
  5. ^ amomum, Charlton T. Lewis, Charles Short, A Latin Dictionary, on Perseus Digital Library
  6. ^ ἄμωμον, Henry George Liddell, Robert Scott, A Greek-English Lexicon, on Perseus Digital Library
  7. ^ Roberts, Edmund (1837). Embassy to the Eastern Courts of Cochin-China, Siam, and Muscat. New York: Harper & Brothers. p. 138. http://www.wdl.org/en/item/7317/view/1/138/. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]