アブド・アッラフマーン2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アブド・アッラフマーン2世
عبد الرحمن الثاني
後ウマイヤ朝アミール
Monumento a Abderramán I en Murcia.jpg
アブド・アッラフマーン2世像(ムルシア
在位 822年 - 852年

全名
出生 792年
Umayyad Flag.svg 後ウマイヤ朝トレド
死去 852年9月22日(852-09-22)(59–60歳)
Umayyad Flag.svg 後ウマイヤ朝コルドバ
子女 ムハンマド1世
家名 ウマイヤ家
王朝 後ウマイヤ朝
父親 ハカム1世
宗教 イスラム教スンナ派
テンプレートを表示

アブド・アッラフマーン2世アラビア語: عبد الرحمن الثاني, ラテン文字転写: Abd ar-Rahman II792年 - 852年9月22日)は、後ウマイヤ朝の第4代アミール(在位:822年 - 852年)。

生涯[編集]

先代アミールのハカム1世の子としてトレドに生まれる。ウマイヤ朝再建のためアッバース朝を範とした行政・財政機構の整備を進めると同時に、国力の増強に努めた。当時フランク王国で対イスラーム勢力の防衛地点であったスペイン辺境領(現在のカタルーニャ地方)へのジハードを断行、またこの頃から激化してきたノルマン人の侵入に対抗するために沿岸側の防衛を強化し、アミール権力の強化に尽力した。844年カディスセビリアヴァイキングの侵攻を受け、都コルドバにまで攻め込まれたが、これを撃退している。

また、コルドバにあるメスキータと呼ばれる会衆モスクの礼拝室を間口11スパン、奥行12スパンから奥行方向に10スパン拡張した。メスキータは後にアブド・アッラフマーン3世ハカム2世ヒシャーム2世らによって更に拡張されることになる。

アブド・アッラフマーン2世の治世に鋳造されたディルハム銀貨(845年