アフォーダンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アフォーダンス: affordance)とは、環境が動物に対して与える「意味」のことである。アメリカの知覚心理学者ジェームズ・J・ギブソンによる造語であり、生態光学生態心理学の基底的概念である。「与える、提供する」という意味の英語の語「アフォード」から造られた。

概論[編集]

アフォーダンスは、動物(有機体)に対する「刺激」という従来の知覚心理学の概念とは異なり、環境に実在する動物(有機体)がその生活する環境を探索することによって獲得することができる意味/価値であると定義される。

アフォーダンスの概念の起源はゲシュタルト心理学クルト・コフカ要求特性(demand character)の概念、あるいは同じゲシュタルト心理学者クルト・レヴィン誘発特性(invitation character)ないし誘発性(valence)の概念にあるとギブソンは自ら述べている。

用法[編集]

今日ではアフォーダンスという語の用法が混乱しており、主に二つの異なる意味合いで用いられている。以下にその詳細について記す。

本来のアフォーダンス[編集]

ギブソンの提唱した本来の意味でのアフォーダンスとは動物と物の間に存在する行為についての関係性をあらわす言葉である。例えば人物Aと扉について語るのであれば、Aはその扉を引いて開けるという選択肢がある。この選択肢が存在するという関係を「この扉とAには引いて開けるというアフォーダンスが存在する」あるいは「このドアが引いて開けるという行為をアフォードする」と表現するのである。

要点は行為の選択肢そのものであるため、その扉が引いて開けられるのだと示すインターフェイスを持つか否か、ひいてはA自身がその扉を引いて開けることが可能だと認識しているか否かは全く関係がない。「トゲだらけのドアノブがついている」あるいは「ドアノブがついてない」ような状態であっても、Aに引いて開けるという行為が可能ならば、ドアはAに「引いて開ける」という行為の選択肢をアフォード(提供)しているのである。

これは逆にドアがアフォードしてるのは「引いて開ける」だけではないということも意味する。例えば「外す」「破壊する」「穴を開ける」といった行為も可能であるため、ドアはこれらも同時にアフォードしているといえる。このように、通常ある物体に存在するアフォーダンスは一つに限定されるものではない。

シグニファイア[編集]

しかし特にデザイン領域において、「人と物との関係性(本来の意味でのアフォーダンス)をユーザに伝達する事」平たく言えば「人をある行為に誘導するためのヒントを示す事」というような意味で使用される事がかなり多い。「わかりやすいドアノブを取り付けることで、ドアが引いて開けるという動作をより強くアフォードする」等というニュアンスの記述もしばしば見られる。これらはギブソンが本来の意図していたアフォーダンスとはまったく異なる概念である。

この用法を結果的に世に広めてしまったドナルド・ノーマン自身も後年にそれを認めており、以降はシグニファイアという言葉を用いてこの概念を説明している。


現状では特に注釈なくこれら二つが入り交じって使用されている(むしろ後者の用法がより広く浸透している傾向がある)ため、十分な注意が必要である。

偽のアフォーダンス[編集]

ウィリアム・ガーバー[1]は、アフォーダンスを知覚可能非表示、およびの、3つのカテゴリに分類した。

偽のアフォーダンスは、実際の機能を持たない見せかけのアフォーダンスである。つまり、行動を起こす者は、存在しない行動の可能性を認識する[2]。偽のアフォーダンスの良い例は、プラセボボタン英語版である[3]

非表示のアフォーダンスは、行動の可能性があることを示してはいるが、これらは行動を起こす者によって認識されていない場合である。例えば、靴を見て、ワインボトルを開けるのに使用できるかどうかはわからない。アフォーダンスを認識できるようにするために、行動を起こす者が認識し、既存のアフォーダンスに基づいて行動できるような情報が必要である。

知覚可能なアフォーダンスの場合、それらは知覚と行動の間に直接的なリンクを提供し、アフォーダンスが隠されている。 (非表示)か、誤っている(偽)場合、それらは間違いや誤解につながる可能性があることを意味する。

ロボット工学のアフォーダンス[編集]

ロボット工学の問題[4]は、アフォーダンスが心理学からの理論的概念だけではないことを示している。オブジェクトの把握と操作では、ロボットは環境内のオブジェクトのアフォーダンスを学習する必要がある。つまり、視覚と経験から、 (a)オブジェクトを操作できるかどうか、(b)オブジェクトを把握する方法、および(c )特定の目標を達成するためにオブジェクトを操作する方法を学ぶ。一例として、ハンマーは、原則として、多くの、手の使い方と使用方法で把握できるが、目的を達成するための有効な接触点とそれに関連する最適な握りの組み合わせは限られている。

メディアのアフォーダンス[編集]

アフォーダンスは現在ソーシャルメディアの一部になっており、ユーザーがプラットフォームに長期間従事し続けることができるように設計に組み込まれている。これらの戦略は、接続の増加がマスメディア企業により多くの利益を生み出すために利用されてきた[5]。例えば、インスタグラムは、ユーザーが写真を通じて自分のIDを投稿および提示できるように設計されている。そのアフォーダンスは、ユーザーが写真、キャプションハッシュタグいいねコメントタグ付けに限定されたコミュニケーションに制限されることである。一方、TikTokを使用すると、ユーザーは短いビデオコンテンツを作成できる。TikTokの機能の一つである「デュエット」は、インスタグラムでは利用できない機能で、別のユーザーのコンテンツに直接応答することで、ユーザーが相互に通信できるようにするものである。但し、インスタグラムでは、TikTokと比較して、キャプションに多くの文字[6]が含まれている。従って、ユーザーは、書面およびビジュアルコミュニケーションにインスタグラムを使用する傾向があり、ビジュアルおよびオーディオコミュニケーションにTikTokを使用する傾向がある。

建築学のアフォーダンス[編集]

アフォーダンスと建築学との関係性は深く、建築は行為を促す意図を持ってつくられていく側面がある。アフォーダンスと関係が深いと考えられるものに、槙文彦の「微地形」、荒川修作マドリン・ギンズの「天命反転プロジェクト」、コーリン・ロウの「透明性」が挙げられる。建築学のアフォーダンスの社会性は、建設コストを抑えるために同一部材、同一製品を反復させ、より多くの容積を獲得し、金儲けを優先させる現代の経済至上主義的な建築行為に対して、人間の「行為」を起点に建築の身体性を獲得し、経済至上主義に対するアンチテーゼとして新たな意見を提示し、世間や周囲の反響を呼ぶことを意図している 。[7]更に、設計者の立場は常に中庸性を持たなければいけないことを示唆している。主体を人間、客体を建築としたとき、その逆も然りである視点を持ち続けることの重要性を暗示しているのである。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Gaver, William W. (1991). “Technology affordances”. Proceedings of the SIGCHI conference on Human factors in computing systems Reaching through technology - CHI '91. pp. 79–84. doi:10.1145/108844.108856. ISBN 978-0897913836 
  2. ^ "Affordances"
  3. ^ Placebo buttons, false affordances and habit-forming”. 2013年1月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月28日閲覧。
  4. ^ Yamanobe, Natsuki; Wan, Weiwei; Ramirez-Alpizar, Ixchel; Petit, Damien; Tsuji, Tokuo; Akizuki, Shuichi; Hashimoto, Manabu; Nagata, Kazuyuki et al. (2017). “A brief review of affordance in robotic manipulation research”. Advanced Robotics 31 (19–20): 1086–1101. doi:10.1080/01691864.2017.1394912. 
  5. ^ Social media post character counter” (英語). Sprout Social (2021年7月26日). 2021年8月25日閲覧。
  6. ^ Social media post character counter” (英語). Sprout Social (2021年7月26日). 2021年8月25日閲覧。
  7. ^ 生態学的視覚論-ヒトの知覚世界を探る. サイエンス社. (3月1日 1986). ISBN 978-4781903934 

外部リンク[編集]