アバイ・ブーシャン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アバイ・ブーシャン
Abhay Bhushan
生誕 (1944-11-23) 1944年11月23日(75歳)
インドの旗 インド ウッタル・プラデーシュ州イラーハーバード
出身校 インド工科大学カーンプル校英語版
マサチューセッツ工科大学
MITスローンマネジメントスクール英語版
主な業績 File Transfer Protocol
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

アバイ・K・ブーシャン英語: Abhay K. Bhushanヒンディー語: अभय भूषण1944年11月23日 - [1])は、インド出身の計算機工学者である。インターネットTCP/IPアーキテクチャの開発に大きく貢献し、File Transfer Protocol電子メールのプロトコルの最初の規格の著者でもある。現在はAsquare Inc.の会長であり、IITカーンプル財団の会長でもある[2][3]

生涯[編集]

ブーシャンはインド工科大学カーンプル校英語版(IITカーンプル)に第1期生として1960年に入学し、1965年に電気工学の学位(B.Tech)を取得した[4]。その後、マサチューセッツ工科大学(MIT)に進学し、電気工学の修士号とともに、MITスローンマネジメントスクール英語版から経営工学の修士号を取得した。MIT在学中、File Transfer Protocol(FTP)の最初の規格であるRFC 114を起草し、ARPANETとそれに続くインターネットのためのFTPと電子メールプロトコルの開発に取り組んだ。

1978年に彼はイラーハーバード工学農村技術大学英語版(IERT)の理事(Director)とゼロックスの開発部門の上級管理職(senior manager)に就任した。ゼロックスではXerox Environmental Leadershipを創設し、その管理者となった。また、1995年にNASDAQに上場したYieldUP Internationalと、1997年にネットスケープコミュニケーションズに買収されたPortola Communicationsの共同創設者でもある[5]

脚注[編集]