アナトリー・ソロヴィアネンコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アナトリー・ソロヴィアネンコ
Anatoliy Solovianenko - Soviet Life, October 1984.jpg
1984年頃の撮影
原語名ウクライナ語: Анатолій Борисович Солов'яненко
ロシア語: Анатолий Борисович Соловьяненко
生誕 (1932-09-25) 1932年9月25日
ウクライナ・ソビエト社会主義共和国 ドネツィク
死没1999年7月29日(1999-07-29)(66歳)
ウクライナ コジン
職業オペラ歌手 (テノール)
受賞

アナトリー・ソロヴィアネンコ(Anatoliy Solovianenko、1932年9月25日 - 1999年7月29日)は、ウクライナテノール歌手である。ソ連人民芸術家(1975年)、ウクライナ人民芸術家タラス・シェフチェンコ賞受賞者[1]

ドネツィク鉱夫の家庭に生まれ、1954年にドネツィク工科大学を卒業した。1950年からは、アレクサンデル・コロベイチェンコに師事し、歌唱法を学んだ。ソロヴィアネンコはドネツィクでキャリアをスタートさせた。この地には、彼を記念する記念碑が建てられている[2]キエフのメトロポリタン・オペラで12回の公演を行った後、1978年にキエフ音楽院を卒業した。ウクライナ国立歌劇場では30年間に渡りソリストを務め、1967年に行われたモントリオール万国博覧会でも公演を行った[3]。1977年から1978年には、ニューヨークメトロポリタン・オペラでソリストを務めた[4][5]。1988年のイギリスツアーではアレクサンドロフ・アンサンブルのソリストを務め、カリンカ等の曲を歌った[6]。アリア、ロマンス等の18枚のLPレコードを出している[7]

人生[編集]

ソロヴィアネンコは、1932年9月25日にドネツィク(当時はスタリノ)で鉱夫の家庭に生まれた[8][9]。1954年にドネツィク工科大学を卒業し[10]、その後、そこでエンジニアリンググラフィックスを教えた[4]

1950年から、ロシア・ソヴィエト連邦社会主義共和国功労芸術家のアレクサンデル・コロベイチェンコから歌唱法を学んだ。1962年にポピュラータレントショーに出演したのがきっかけで、ウクライナ国立歌劇場で歌うことを依頼されたが、そこで歌う前に、ミラノのスカラ座で行われた若手歌手のコンテストで優勝し、1963年から1965年の3年間、そこで学んだ。彼は、ニューヨークのメトロポリタン・オペラから招待を受けた最初のソビエト人となった[9][11]。1965年以降は、ウクライナ国立歌劇場で公演を行った。1967年にウクライナ社会主義共和国功労芸術家となり、1975年にはソ連人民芸術家に選ばれた。

1978年にキエフ音楽院を卒業した。ウクライナ国立歌劇場のソリストとして、『リゴレット』の公爵、『椿姫』のアルフレード、『レクイエム』のテノール、『ランメルモールのルチア』のエドガルド、『ラ・ボエーム』のロドルフォ、『トスカ』のカヴァラドッシ、『ファウスト』のファウスト、『エフゲニー・オネーギン』のレンスキー、『ボリス・ゴドゥノフ』の僭称者、『ドナウを越えたザポロージェ人』のアンドレイ等、18のパートを歌った。既婚で、2人の息子AndreyとAnatoliyがいる。

1999年7月29日に、心臓発作で突然死した。葬儀には、ウクライナ大統領レオニード・クチマ等、多くの政府官僚も出席した[12]。その数か月後の1999年12月には、彼を称えてドネツィクオペラ・バレー劇場を改名することがウクライナ政府により決定された[13]。2001年には、埋葬されたキエフ州コジンに像が設置された[14]

受賞等[編集]

その他[編集]

  • ドネツィクオペラ・バレー劇場は、彼を称えて命名された。劇場の近くには記念碑が建てられている。
  • キエフの16 Institutska Streetにも記念碑がある。この家には、記念銘板も設置されている。
  • ソロヴィアネンコが主演した"Vyzov Sud'be"というミュージカルがドヴジェンコ・フィルム・スタジオで撮影されている。
  • A.K. Tereshchenkoの著書"A. Solovyanenko"が1982年に出版され、1988年に重版されている。

出典[編集]

  1. ^ Bank.gov.ua webpage: commemorative coin celebrating Solovianenko 1999. Archived 2011-09-27 at the Wayback Machine.
  2. ^ Olymp Travel Ltd: travel guide to Donetsk region.
  3. ^ "Ukrainian Music in Canada". The Canadian Encyclopedia Archived June 8, 2011, at the Wayback Machine.
  4. ^ a b “Ukrainian opera singer Anatoliy Solovianenko dies at 66”. Associated Press. (1999年7月30日). http://nl.newsbank.com/nl-search/we/Archives?p_product=NewsLibrary&p_multi=APAB&d_place=APAB&p_theme=newslibrary2&p_action=search&p_maxdocs=200&p_topdoc=1&p_text_direct-0=0F8A1B55EDC5075A&p_field_direct-0=document_id&p_perpage=10&p_sort=YMD_date:D&s_trackval=GooglePM 2011年11月18日閲覧。 
  5. ^ V. A. Smoliĭ; Oksana Onoprii︠e︡nko (2001). Golden Book of Ukrainian Elite , Volume 2. Kompanii︠a︡ "I︠E︡vroimidz︠h︡". p. 417. ISBN 978-966-7867-11-9. https://www.google.com/search?q=%22Anatoliy+Solovianenko%22+tenor+%22metropolitan+opera%22&hl=en&safe=off&prmd=imvns&prmdo=1 2011年11月18日閲覧. "In 1977, A. Solovianenko toured in the USA giving a triumphant concert at New York Metropolitan Opera." 
  6. ^ Information from VHS packaging: see Alexandrov Ensemble discography page.
  7. ^ Translated narod.ru webpage: Biography and discography of Solovyanenko (in Russian)
  8. ^ словари. “Соловьяненко Анатолий Борисович (1932—1999) — Кто есть кто в культуре — Яндекс.Словари”. Slovari.yandex.ru. 2013年9月1日閲覧。
  9. ^ a b RIN.RU. http://rin.ru+(1932年9月25日).+“Solovyanenko Anatoly, photo, biography”. Persona.rin.ru. 2013年9月1日閲覧。
  10. ^ Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 title は必須です。{{{title}}}”. 2013年8月30日閲覧。[リンク切れ]
  11. ^ Anatoly Solovyanenko. Ukrainian folk songs. // www.UMKA.com.ua”. Umka.com.ua. 2013年9月1日閲覧。
  12. ^ “Anatolii Solovyanenko, world-renowned tenor, 66”. Ukrainian Weekly. (1999年). http://www.ukrweekly.com/old/archive/1999/329909.shtml 2011年11月18日閲覧。 
  13. ^ History of Theatre”. donetsk-opera-ballet.org. 2011年11月18日閲覧。
  14. ^ Yevgeny, Orlovsky (2001年7月30日). “Фото УНІАН”. UNIAN. 2011年11月18日閲覧。

外部リンク[編集]