アスコフラノン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アスコフラノン
Ascofuranone
識別情報
CAS登録番号 38462-04-3
PubChem 6434242
ChemSpider 4939184 チェック
日化辞番号 J20.605I
特性
化学式 C23H29ClO5
モル質量 420.93 g mol−1
融点

84°C[1]

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

アスコフラノン(ascofuranone)は子嚢菌の一種のAcremonium sclerotigenumが生産する抗生物質である。オルタナティブオキシダーゼを阻害し、アフリカ睡眠病ナガナ病を引き起こす寄生性原虫ブルーストリパノソーマに対する薬剤開発のリード化合物とされている[2]。この化合物in vitro培養細胞および感染マウスの両方で効果がある[3]

歴史[編集]

アスコフラノンは、1972年中外製薬の佐々木弘らによって、アスコクロリンを産生するAscochyta viciaeに対しニトロソグアニジン処理を行い得られた変異株No.34から単離され構造決定された。[1][4]ただしこのとき用いられた菌株は正しくはAcremonium sclerotigenumであり、Ascochyta viciaeにはアスコフラノンおよびアスコクロリンの産生能はないことが明らかとなっている。[5]

当初は血中脂質低下作用[6]を持つことに注目され、また後にマクロファージの活性化を通じた抗腫瘍活性[7][8]があることが報告されていた。これらの作用は細胞の呼吸能に影響を与えることでもたらされると推測され[9]、 呼吸鎖のキノン結合部位に作用している可能性が示された[10]ことをきっかけにオルタナティブオキシダーゼの強力な阻害剤であることが見出された。

出典[編集]

  1. ^ a b Sasaki, H., et al. (1972). “Ascofuranone, a new antibiotic from Ascochyta viciae”. Tetrahedron Letters 13 (25): 2541-2544. doi:10.1016/S0040-4039(01)84869-3. 
  2. ^ Minagawa N, Yabu Y, Kita K, Nagai K, Ohta N, Meguro K, Sakajo S, Yoshimoto A (1997). “An antibiotic, ascofuranone, specifically inhibits respiration and in vitro growth of long slender bloodstream forms of Trypanosoma brucei brucei”. Mol. Biochem. Parasitol. 84 (2): 271–80. doi:10.1016/S0166-6851(96)02797-1. PMID 9084049. 
  3. ^ Yabu Y, Yoshida A, Suzuki T, Nihei C, Kawai K, Minagawa N, Hosokawa T, Nagai K, Kita K, Ohta N (2003). “The efficacy of ascofuranone in a consecutive treatment on Trypanosoma brucei brucei in mice”. Parasitol. Int. 52 (2): 155–64. doi:10.1016/S1383-5769(03)00012-6. PMID 12798927. 
  4. ^ Sasaki, H., et al. (1973). “Isolation and structure of ascofuranone and ascofranol, antibiotics with hypolipidemic activity.” (PDF). J. Antibiot. 26 (11): 676-680. http://dx.doi.org/10.7164/antibiotics.26.676. 
  5. ^ Hijikawa et al.. “Re-identification of the ascofuranone-producing fungus Ascochyta viciae as Acremonium sclerotigenum”. J. Antibiot.. doi:10.1038/ja.2016.132. PMID 27804952. 
  6. ^ Sawada, M., et al. (1973). “Hypolipidemic property of ascofuranone.” (PDF). J. Antibiot. 26 (11): 681-686. http://dx.doi.org/10.7164/antibiotics.26.681. 
  7. ^ Magae, J., et al. (1986). “In vitro effects of an antitumor antibiotic, ascofuranone, on the murine immune system” (PDF). Cancer Res. 46 (3): 1073–1078. http://cancerres.aacrjournals.org/content/46/3/1073.full.pdf. 
  8. ^ Magae, J., et al. (1988). “Antitumor and antimetastatic activity of an antibiotic, ascofuranone, and activation of phagocytes” (PDF). J. Antibiot. 41 (7): 959–65. http://dx.doi.org/10.7164/antibiotics.41.959. 
  9. ^ Magae, J., et al. (1988). “Differentiation of Mouse and Human Myeloid Leukemia Cells Induced by an Antitumor Antibiotic, Ascofuranone” (PDF). Agric. Biol. Chem. 52 (12): 3143-3147. http://dx.doi.org/10.1271/bbb1961.52.3143. 
  10. ^ Minagawa, N., et al. (1994). “Effects of Ascofuranone on the Mitochondria Isolated from Hansenula anomala. Biosci. Biotech. Biochem. 58 (7): 1334-1335. http://ci.nii.ac.jp/naid/110002677088. 

外部リンク[編集]