アジアクリケット評議会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アジアクリケット評議会(アジアクリケットひょうぎかい、: Asian Cricket Council)は、アジアの各国・地域協会を統括する、国際クリケット評議会(ICC)傘下のクリケットの大陸連盟である。略称はACCで、1983年9月13日に設立。事務局の所在地はクアラルンプール。現在は25カ国・地域のクリケット協会が加盟している。

概要[編集]

1983年にインドニューデリーで結成。バングラデシュ、インド、マレーシアパキスタンシンガポールスリランカが創設メンバーだった。そのうちICCのフルメンバーにはバングラデシュ、インド、パキスタン、スリランカの4カ国が加盟している。日本も1996年に脱退するまで加盟していた。

主催大会[編集]

アジアXIチーム[編集]

2004年12月に発生したスマトラ島沖地震と津波チャリティー大会開催を契機に結成され、ICCワールドXIと対戦。試合はICCワールドXIが112ランで勝利した。

脚注[編集]

外部リンク[編集]