コンテンツにスキップ

アザーマン -もう一人の男-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アザーマン -もう一人の男-
The Other Man
監督 リチャード・エアー
脚本 リチャード・エアー
チャールズ・ウッド英語版
原作 ベルンハルト・シュリンク
もう一人の男
製作 フランク・ドールガー
マイケル・ドライヤー英語版
トレイシー・スコフィールド
製作総指揮 リチャード・エアー
ジャン・モイト
メアリー・ベス・オコナー
デヴィッド・リシェンテル
出演者 リーアム・ニーソン
アントニオ・バンデラス
ローラ・リニー
音楽 スティーヴン・ウォーベック
撮影 ハリス・ザンバーラウコス
編集 タリク・アンウォー
製作会社 Rainmark Films
配給 アメリカ合衆国の旗 イメージ・エンタテインメント英語版
公開 カナダの旗 2008年9月7日TIFF英語版[1]
アメリカ合衆国の旗 2009年9月11日(限定公開)
上映時間 87分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $15,000,000[2]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $149,528[3]
世界の旗 $2,143,005[3]
テンプレートを表示

アザーマン -もう一人の男-』(The Other Man)は、2008年アメリカ合衆国イギリスサスペンス映画。 監督はリチャード・エアー、出演はリーアム・ニーソンアントニオ・バンデラスなど。 原作はベルンハルト・シュリンクの『逃げてゆく愛』(新潮社ISBN 4102007121)所収の短編小説『もう一人の男[4]

2008年9月に開催された第33回トロント国際映画祭英語版で上映された[1]。 日本では劇場未公開でビデオスルーとなり、DVD2010年2月19日に発売された[5]。海外ではBDも発売されている[6]

ストーリー

[編集]

愛する妻リサを亡くしたピーターは、ふとしたことから妻に愛人がいたことを知る。その愛人が住むミラノにやって来たピーターは正体を隠して彼に接近する。

キャスト

[編集]

※括弧内は日本語吹替

評価

[編集]

批評家からは概ね否定的な評価を受けた。Rotten Tomatoesでは39件のレビュー中15%の支持率で、平均点は4.06/10となっており、批評家の一致した見解は「才能あるキャストの最善の努力にもかかわらず、『アザーマン -もう一人の男-』は、お喋りで、機知もなく、緊張感もない。」である[8]Metacriticでは8名の批評家レビューに基づいて34点となった[9]

出典

[編集]
  1. ^ a b “『The Other Man』、トロント国際映画祭で上映”. AFPBB News. (2008年9月10日). https://www.afpbb.com/articles/-/2515330 2020年4月23日閲覧。 
  2. ^ The Other Man (2008)” (英語). IMDb. 2020年4月23日閲覧。
  3. ^ a b The Other Man” (英語). Box Office Mojo. 2020年4月23日閲覧。
  4. ^ 映画 アザーマン -もう一人の男-<未> (2008)について 映画データベース”. allcinema. 2020年4月23日閲覧。
  5. ^ アザーマン ―もう一人の男―”. Amazon.co.jp. 2020年4月23日閲覧。
  6. ^ OTHER MAN”. Amazon.co.jp. 2020年4月23日閲覧。
  7. ^ 大塚智則(おおつか とものり)株式会社クロスゲート”. 2012年11月15日閲覧。[リンク切れ]
  8. ^ The Other Man (2008)” (英語). Rotten Tomatoes. 2020年7月22日閲覧。
  9. ^ The Other Man Reviews”. Metacritic. 2020年4月23日閲覧。

外部リンク

[編集]