のし梅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

のし梅(のしうめ)は、をすり潰し、寒天に練りこんだものを薄くのして乾燥し皮で挟んだ山形県村山地方などの銘菓。

歴史[編集]

山形藩主の典医だった小林玄端が長崎に遊学中、中国人から梅を原料とする秘薬の製法を伝授され、気付け薬として作ったのが現在の『のし梅』の原型とされ、煮詰めた黒砂糖を加えた水あめ状のものを山形に持ち帰り伝えた[1]。その後、夏場における民間薬のひとつとして、胃薬ないしは気付け薬として各家庭で製造されるようになった。

文献(『家伝秘法調合録』黒田玄仙)には、甘露梅という名でその作り方が残されているが、そこには「梅をおろして汁をとり、瀬戸物に入れ天日で干す」といった内容が記されており、現在の菓子としてのし梅とほぼ製法も変わらないことからその原型とみなされている。また、他にも同名の「のし梅」の名でを使ったものの記録も残っているが、明治初期に京都にて行われた博覧会に出展されたものの、日持ちが悪く評価も芳しくないことから、寒天の一般への流通と共に、江戸後期から明治初期において現在の形に成立していったと考えられている。

現在の形の「のし梅」を製造した祖とされているのが、創業文政年間の『乃し梅本舗佐藤屋』(山形市十日町)。日本三大修験山として江戸時代に盛り上がりを見せた『出羽三山詣』の参拝客の宿場町として山形・十日町近辺は栄えており、菓子として『のし梅』を売り出したところ人気を博したという[1]正岡子規の文献にも「山形の乃し梅」があり、日持ちの良さから全国的に流通していた事がうかがえる。佐藤屋の大福帳には、日本国内はもとより朝鮮半島満州への輸出記録も残っている[2]

また、梅の産地として知られる茨城県水戸和歌山県など複数地域において「のし梅」として同様の品が製造・販売されているが、薄いガラス板に流して作るという製法のもたらす均一な透明度の仕上がりや、各種文献への登場頻度、文献に登場する時期などからも山形のそれが最も古いものであると推察される[3]。また、元祖とされる山形では、梅のものだけを扱う店が多い中、ブドウなどその土地ならではの原料を用いた物も他地域では作られている。

背景[編集]

山形県は紅花を主要な特産物として生産しており、その紅花は口紅着物の染料として京都大阪方面を中心に高値で取引されていた。その紅花から赤い染料を取るのに梅のが使われていた為、山形市周辺は紅花と同時に梅も盛んに生産されていた。梅は酸をとるためには青梅が良いが、完熟している梅だけを使用して作っている点では、農産物を無駄なく使用できるためにのし梅は非常に理に適った特産品といえる。

製造元[編集]

ほか。

脚注[編集]

関連項目[編集]