気付け薬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
レンブラントの『失神した人(嗅覚)』
18世紀のフランス、気付け薬をアルコールや香油に溶かしてスポンジに染み込ませたものを入れた容器と容器入れ

気付け薬(英語:Smelling salts、ammonia inhalants、spirit of hartshorn、sal volatile)は、気を失いそうな人、失神した人、スポーツ選手が倒れそうな時や気合いを入れる時に嗅がせる化合物である。スメリングソルト気付薬嗅ぎ塩とも呼ばれる。

通常は白色固体の炭酸アンモニウムを使用するが、アルコールや香水に混ぜた形でも使用される[1][2]

スポーツ選手[編集]

交感神経を刺激する興奮剤であることから、意識の喪失に対して抵抗力が得られ、普段の力以上の力を発揮できる。そのためパワーリフティングなどの多くのスポーツ選手が使用している。ボクシング選手も使用していたが、多くの競技会でドクターストップの判断が難しくなるため禁止された[2]。2005年、元アメリカンフットボール選手のマイケル・ストレイハンは、NFLプレイヤーのうち70-80%くらいが使用していると見ているとコメントしている[3]

歴史[編集]

ローマ時代から使用されており、博物学者プリニウスHammoniacus sal と記述している[2]。その後、カンタベリー物語錬金術などで記述がみられる。17世紀には、鹿(ハーツ)の角や蹄から得られた為、ハーツホーンソルト、ハーツホーン・スピリットと呼ばれた[2]

リスク[編集]

気付け薬では微量でしかないから問題ないが、長時間、高濃度のアンモニアガスを嗅いでいると呼吸停止や意識障害が起きる。また、高い濃度で鼻粘膜や口腔粘膜を傷つけるので、10–15 cmと離して使用する。

スポーツの世界では、医者によるドクターストップ判断が難しくなるため使用を自粛する場合がある。

出典[編集]

  1. ^ Mackenzies Smelling Salts”. Electronic Medicines Compendium (2007年3月). 2009年1月3日閲覧。
  2. ^ a b c d McCrory, P (2006). “Smelling Salts”. British Journal of Sports Medicine 40 (8): 659–660. doi:10.1136/bjsm.2006.029710. PMC: 2579444. PMID 16864561. http://bjsm.bmj.com/cgi/content/full/40/8/659 2009年1月3日閲覧。. 
  3. ^ “Investigation: Ammonia sniffing popular in NFL”. Florida Times-Union. (2005年2月3日). http://jacksonville.com/tu-online/stories/020305/sup_17863663.shtml 2016年9月29日閲覧。 [リンク切れ]