とほほのWWW入門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
とほほのWWW入門
杜甫々.gif
URL http://www.tohoho-web.com/
使用言語 日本語
タイプ ホームページ作成関連総合サイト
運営者 杜甫々(とほほ)
アレクサ
ランキング
日本国内:4150位
(世界全体:57921位)
営利性 非営利
設立日 1996年9月10日
現状 2017年現在閲覧可能

とほほのWWW入門(とほほのダブリューダブリューダブリューにゅうもん)は、ホームページ作成に関する情報を解説したウェブサイト1996年9月10日に「とほほのHTML入門」の名称で公開され、杜甫々(とほほ)と「とほほママ」の夫婦によって運営されている。

概要[編集]

HTMLやJavaScriptCGIスタイルシートなど、ホームページ作成に関する情報を解説したウェブサイトである。中心となるコンテンツは基本編・プログラミング言語・応用編に分類されており、初心者から上級者までをも対象としている。また古い機種のパソコンや閲覧ソフト等を用いているユーザーが、不自由なく閲覧できるようにも配慮されている。

杜甫々が1996年にパソコンを購入してホームページ制作を開始した当時、日本語でホームページ作成のためにHTMLを解説した書籍がなく苦労した経験から、英語で記述されたNetscape NavigatorのマニュアルやHTMLの規約集を参考に初心者にも理解できるように解説をまとめ、同年9月10日に「とほほのHTML入門」として公開されたのが始まりである[1]

2001年には『朝日新聞』の記事において、すがやみつるに「HP作成にため必要な言語の解説が、サンプルを含め、ていねいにまとめられている」[2]と評されている。金田善裕は、同様のテーマを扱ったウェブサイトの中でも「とりわけわかりやすく、人気が高い」としている。雑誌においてサイト内のコンテンツである「とほほのJavaScript入門」[3]や「とほほママのペイントブラシテクニック」[4]も紹介されている。

杜甫々が高校生であった1980年代初頭、弟が親に買ってもらったコモドールホビーパソコンで兄弟と遊んだり、インベーダーゲームのようなゲームを作ったりしたのがプログラミングと接した始まりであるという。その後愛媛大学物理学科に進学し、在学中にプログラミングについて学び始める。大学ではプラズマの温度をパソコンで計測する方法について研究しており、またプログラミングのアルバイトも行っていた。1988年広島市ソフトウェア会社に就職し、インターネットの研究に携わった[1]1993年には大学のSF研究会で知り合った「とほほママ」と結婚している。

関連書籍[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「娘に情報が古いと指摘されます」 老舗サイト「とほほのWWW入門」の管理人ってどんな人? HRナビ by リクルート、2017年11月17日
  2. ^ すがやみつる「おもしろサイト ホームページ自作派に味方」『朝日新聞』2001年1月12日付夕刊、6面(2版)。縮刷版594頁。
  3. ^ 『日経ネットナビ』2001年2月号、日経BP、237頁。
  4. ^ 『あちゃら』2001年7月号、リクルート、302頁。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]