てんば菜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

てんば菜 (てんばな)はアブラナ科アブラナ属の植物である。吹立菜(ふきたちな)、くきたち菜、唐菜とも呼ばれる。

概要[編集]

江戸時代石川県金沢市の笠舞地区で栽培されていたことが起源であり、小松菜亜種であるとされている。石川県南部では、主に漬物煮物などの郷土料理に用いられる。

外部リンク[編集]

  • 石川県産 じわもん野菜通信 吹立菜