だくだく

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

だくだくは、古典落語の演目の一つ。上方落語書割盗人(かきわりぬすと)についても本項で記述する。

概要[編集]

両演目は、ナンセンスな状況の中で、それぞれにとぼけた洒落っ気を見せ合うふたりの男の噺である。

『書割盗人』の原話は、1773年安永2年)に出版された笑話本『芳野山』の一編「盗人」[1]。「書割」とは、歌舞伎などの舞台背景に使われる風景画のこと。

『だくだく』は『書割盗人』を東京落語に移入したもの。サゲの原話は1778年安永7年)に出版された笑話本『梅の笑顔』の一編「槍」。主な演者に4代目柳亭痴楽6代目三遊亭圓窓古今亭志ん輔立川志の輔などがいる。

あらすじ[編集]

男(『だくだく』では八五郎)は引越しをしたが、前の長屋でたまった家賃を工面するため(あるいは、かついでいくのが面倒くさかったため)に家財道具の一切を古道具屋に売ってしまった。男は壁、床、天井一面に白い紙を貼り、近所に住む画家に、豪華な家具や日用品、そして眠る猫を細密に描いてもらう。さらに男は「用心のため、武芸の心得があるように見せたい」と希望し、長押に掛けた1本のを描いてもらう。

男が留守にしている間、泥棒が男の部屋を物色にやって来る。眠る猫(の絵)を見て「番犬がいない証拠だ」と早合点した泥棒は、夜ふけを待って男の部屋に忍び込む。

泥棒はたくさんの豪華な家財道具(の絵)を見て驚喜し、タンスの引き出しを開けようとするが、絵なので開くわけがない。ここで男が泥棒に気づくが、面白がって寝たふりをしつづけ、ひそかに泥棒の様子を観察する。

驚きながらも男の事情を悟り、同情しつつあきれた泥棒は「このまま帰ったのでは面白くない。この男が、ものがある『つもり』で生きているなら、こっちも盗んだ『つもり』になって帰ろう。一反風呂敷を広げた、つもり。風呂敷の中にタンスの中身をぶちまけた、つもり。金庫を開けた、つもり。1億円ばかり盗んだ、つもり。風呂敷の両端を縛り、背負って立ち上がろうとして立ち上がらない、つもり」とつぶやきつつ、孤独なパントマイムを始める。

泥棒の粋に感じ入った男が「1億も盗まれては、黙ってはいられない」と、ここで起き上がり、「の股立ちを取った(=すそを引き上げた)、つもり。たすき十字に綾なした、つもり。長押の槍に手をかけて、石突きをトンと突き、りゅうとしごいて泥棒のわき腹めがけてブツーッ! と突き立てた、つもり!」そこで泥棒が、

「ううむ、無念。血がだくだくと出た、つもり」

バリエーション[編集]

  • 『書割盗人』では、語尾を「つもり」ではなく「体(てい)」とする演じ方が多い。また、槍で突くまねをした男が「おい、どないしたんや」と問い、泥棒が「死んだ体でおます」と言ってサゲる演じ方が多い。
  • 泥棒について、「近眼でおまけに乱視」と、ナンセンスな説明を加える場合がある。
  • 画家が「騒ぎを聞いて駆けつけた、つもり」と言ってサゲる演じ方がある(志の輔など)。

エピソード[編集]

  • 2代目枝雀が「無念、と言うたまんま、この泥棒死んでしまいました」とサゲたという逸話があるが、本当かどうかはわからない。
  • 4代目痴楽が新宿末廣亭で同演目をかけて高座から降りかけると、ひとりの客が「アーア、面白かった、つもり」と言った。痴楽は客の方を向き、「いやな客、のつもり。ポカッと横っ面を殴り倒した、つもり」と返し、場が笑いの渦に包まれた。

脚注[編集]

  1. ^ 武藤禎夫『定本 落語三百題』 岩波書店、2007年