しずおか信用金庫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
しずおか信用金庫
shizuoka shinkin bank
Shizuoka-ShinyoKinko.jpg
本店
種類 信用金庫
略称 しずしん
本店所在地 日本の旗 日本
420-0838
静岡県静岡市葵区相生町1番1号
設立 1931年昭和6年)1月17日
業種 金融業
法人番号 5080005000108
金融機関コード 1501
事業内容 協同組織金融機関
代表者 田形和幸(理事長)
資本金 21億44百万円(出資金)
従業員数 634名
支店舗数 41店
主要子会社 静岡信用ビジネス株式会社
静岡信用保証株式会社
たちばなリース株式会社
外部リンク しずおか信用金庫
テンプレートを表示
しずおか信用金庫のデータ
法人番号 5080005000108
貸出金残高 4,506億81百万円
預金残高 8,459億33百万円
特記事項:
(2017年3月31日現在)
テンプレートを表示

しずおか信用金庫(しずおかしんようきんこ、英語shizuoka shinkin bank)は、静岡県静岡市葵区に本店を置く信用金庫である。キャッチフレーズは、「くらし、かがやく。」である。

概要[編集]

2017年9月1日、焼津信用金庫2019年2月を目処に対等合併すると発表した[1]

合併後の新信金の本店は、しずおか信金本店に置き、会長には焼津信金の牧田和夫理事長が、理事長にはしずおか信金の田形和幸理事長が就くことも合わせて発表した。新信金の名称や合計70店の店舗の見直し等は、設置する合併協議会で検討するとしている[2]

沿革[編集]

  • 1931年
    • 1月17日 - 静岡県より設立認可取得。
    • 4月16日 - 静岡市信用組合として静岡市平屋町4番地で営業開始。
  • 1948年6月4日 - 「静岡信用組合」に改称。
  • 1949年6月 - 静岡市追手町に本店を移転。
  • 1951年10月20日 - 「静岡信用金庫」に改称。
  • 1954年6月1日 - 清水信用組合を合併。
  • 1977年10月11日 - 移動店舗を含む全店舗のオンライン化完了。
  • 1981年4月20日 - しんきんネットキャッシュサービス加入。
  • 1982年1月 - 本店を静岡市(葵区)追手町3番11号から相生町1番1号へ移転。本店窓口は支店に降格し、追手町支店に改称。
  • 1995年4月1日 - 表記を「しずおか信用金庫」に変更。
  • 2019年2月 - 焼津信用金庫と対等合併を予定。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]