からす座ベータ星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
からす座β星[1]
Beta Corvi
仮符号・別名 クラズ[2],
Kraz[1][3]
星座 からす座
視等級 (V) 2.64[1]
2.60 - 2.66(変光)[4]
変光星型 疑わしい[4]
分類 黄色巨星[1]
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α) 12h 34m 23.22764s[1]
赤緯 (Dec, δ) -23° 23′ 48.4475″[1]
赤方偏移 -0.000024[1]
視線速度 (Rv) -7.34 km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: 7.375 ミリ秒/[1]
赤緯: -49.414 ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 19.9998 ± 0.9217ミリ秒[1]
(誤差4.6%)
距離 163 ± 8 光年[注 1]
(50 ± 2 パーセク[注 1]
絶対等級 (MV) -0.9[注 2]
Corvus IAU.svg
Cercle rouge 100%.svg
からす座β星の位置
物理的性質
半径 16 R[5]
質量 3.7 ± 0.1 M[6]
表面重力 2.52 ± 0.03 (log g)[6]
自転速度 8 km/s[7]
自転周期 ≤ 180 [5]
スペクトル分類 G5III[1]
光度 164 L[8]
表面温度 5,100 ± 80 K[6]
色指数 (B-V) +0.89[9]
色指数 (U-B) +0.60[9]
色指数 (R-I) +0.44[9]
金属量[Fe/H] -0.01[10]
年齢 2億600万年[6]
別名称
別名称
からす座9番星[1]
CD -22 9505[1]
FK5 471[1]
Gaia DR2 3501215730056271104[1]
HD 109379[1]
HIP 61359[1]
HR 4786[1]
SAO 180915[1]
NSV 5729[1]
Template (ノート 解説) ■Project

からす座β星(からすざベータせい、Beta Crv / β Corvi / β Crv)は、からす座の3等星。からす座で2番目に明るい恒星で黄色の輝巨星である。

名称[編集]

クラズ[2] (Kraz[1][3]) という固有名は、アントニン・ベチヴァルが1951年に発行した星図 Atlas Coeli Skalnaté Pleso (通称「ベクバル星図」)の中で初めて使われたもので、語源不明である[11]。2018年6月1日、国際天文学連合の恒星の命名に関するワーキンググループ (Working Group on Star Names, WGSN) は、Kraz をからす座β星の固有名として正式に承認した[3]

中国では、からす座β星は、γ星ε星と共に軫宿と呼ばれる星官を成している[12]。β星は、その4番目の恒星とされているため、軫宿四と呼ばれる[13]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算、光年は1÷年周視差(秒)×3.2615638より計算
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。小数第1位まで表記

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w bet Crv”. SIMBAD. CDS. 2018年6月30日閲覧。
  2. ^ a b 原恵 『星座の神話 - 星座史と星名の意味』 恒星社厚生閣2007年2月28日、新装改訂版第4刷、109頁。ISBN 978-4-7699-0825-8
  3. ^ a b c IAU Catalog of Star Names”. 国際天文学連合. 2018年6月1日閲覧。
  4. ^ a b NSV 5729, database entry, New Catalogue of Suspected Variable Stars, the improved version, Sternberg Astronomical Institute, Moscow, Russia. Accessed on line October 19, 2015.
  5. ^ a b Jim Kaler. “Kraz”. Stars. 2018年6月11日閲覧。
  6. ^ a b c d Lyubimkov, Leonid S. et al. (2010年2月). “Accurate fundamental parameters for A-, F- and G-type Supergiants in the solar neighbourhood”. Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 402 (2): 1369–1379. arXiv:0911.1335. Bibcode 2010MNRAS.402.1369L. doi:10.1111/j.1365-2966.2009.15979.x. 
  7. ^ Bernacca, P. L.; Perinotto, M. (1970年). “A catalogue of stellar rotational velocities”. Contributi Osservatorio Astronomico di Padova in Asiago 239 (1). Bibcode 1970CoAsi.239....1B. 
  8. ^ Mallik, Sushma V. (1999年12月). “Lithium abundance and mass”. Astronomy and Astrophysics 352: 495–507. Bibcode 1999A&A...352..495M. 
  9. ^ a b c Bright Star Catalogue, 5th Revised Ed.”. VizieR On-line Data Catalog: V/50 (1995年11月). 2018年6月11日閲覧。
  10. ^ Takeda, Yoichi; Sato, Bun'ei; Murata, Daisuke (2008年8月). “Stellar Parameters and Elemental Abundances of Late-G Giants”. Publications of the Astronomical Society of Japan 60 (4): 781–802. arXiv:0805.2434. Bibcode 2008PASJ...60..781T. doi:10.1093/pasj/60.4.781. 
  11. ^ Paul Kunitzsch; Tim Smart (2006). “Appendix”. A Dictionary of Modern star Names: A Short Guide to 254 Star Names and Their Derivations (2 ed.). Sky Publishing. p. 62. 
  12. ^ (中国語) 中國星座神話, written by 陳久金. Published by 台灣書房出版有限公司, 2005, ISBN 978-986-7332-25-7.
  13. ^ (中国語) 香港太空館 - 研究資源 - 亮星中英對照表 Archived 2011年1月29日, at the Wayback Machine., Hong Kong Space Museum. Accessed on line November 23, 2010.